2018.04.20 ON AIR

Rick Hall
追悼 リック・ホール(魔法のマッスル・ショールズ・サウンドを作った男)第1週

The Fame Studios Story 1961-1973 (KENT BOX12  P-Vine Records)

The Fame Studios Story 1961-1973 (KENT BOX12 P-Vine Records)

RICK HALL

RICK HALL

ON AIR LIST
1.When A Man Loves A Woman/Percy Sledge
2.You Better Move On/Arthur Alexander
3.Let Them Talk/Dan Penn
4.Steal Away/Jimmy Hughes
5.I’m Your Puppet/James &Bobby Purify

 
マッスル・ショールズ・サウンドの生みの親と呼ばれるリック・ホールが、今年初め1/2に85才で亡くなりました。ご冥福を祈りたいと思います。
でも、リック・ホールと言われても知らない方も多いと思います。
リック・ホールは60年代からずっとR&B,ソウル、ファンク、ロック・・とポピュラー・ミュージック界に大きな功績を残したプロデューサーでありレコーディング・エンジニアです。彼が作ったサウンドを「マッスル・ショールズ・サウンド」と呼ぶのですが、マッスル・ショールズとはアラバマの小さな街の名前で、リック・ホールはその街に”FAME”という録音スタジオを作り質の高い音楽をたくさん作りました。FAMEというスタジオ名はリックが隣町のフローレンスという街の出身で、そこで最初に音楽出版社を作った時に”Florence Alabama Music Enterprises”という名付けました。その名前の頭文字を取ってFAMEとなったのです。
南部アラバマのそんな小さな街のスタジオがなんで世界的に有名になって、「黄金のメロディ~マッスルショールズ」という映画まで作られたのか・・・その最初のきっかけがこの曲の大ヒットだったと言われてます。
「男が女に惚れたら女のことしか考えられなくなる、そしてどんな大切なものでも女にあげてしまうんだ」
1.When A Man Loves A Woman/Percy Sledge

この曲はどこかで耳にしたことがあると思います。パーシー・スレッジが歌ったソウルの定番曲、日本タイトルが「男が女を愛する時」”When A Man Loves A Woman”です。
オルガン:スプーナー・オーダム、ドラム:ロジャー・ホーキンス、ベース:アルバート・ロウ、ギター:マーリン・グリーン
1966年の大ヒットですが、FAMEスタジオは1960年に設立されて最初はちょっとしたローカルなヒットが出るくらいでしたが、曲そのものはすごくいい曲を発表してました。
例えば、次の曲もいい曲ですが、最初リック・ホールは黒人のリスナーには白っぽ過ぎるし、白人には黒っぽすぎると思って全く売れないと思ったら、R&Bで10位までチャートを上がったFAMEで最初のちょっとしたヒットとなりました。
メロディもいいんですが、歌詞がまたいいんです。友達が自分の彼女好きになって自分に彼女をあきらめてくれと言うてきた歌詞ですが、自分は彼女愛してるから君があきらめて他へ行った方がいい(You Better Move On)っていう歌です。途中のWell I know you can buy her fancy clothes And diamond rings.(君は彼女に素敵な服やダイアモンドを買えるだろう)But I believe she’s happy with me without those things(でもね、そんなものなくてもあの娘は僕といるだけで幸せなんだよ)という一節が僕は好きです1961年リリース
2.You Better Move On/Arthur Alexander
アーサー・アレキサンダーは黒人なんですが、すごくあっさり歌っていて最初白人やないかと思いました。だから、黒人のリスナーには白っぽ過ぎるし、白人には黒っぽすぎると思って全く売れないやろと言ったリック・ホールの気持ちもわかります。ところが売れたんですよね。
やっぱり曲がいいんですよね。のちにローリング・ストーンズもカバーしています。カバーしたストーンズのアンテナの張り方もすごいです。
このヒットで儲かった金でリック・ホールはFAMEスタジオを建てます。だんだん知れ渡っていくんですが、全国ヒットがなかなか出ません。でも地元のローカルシンガーのシングルをがんばって出し続けました。
その中に見つけたのが、いまやレジェンドになりましたが、シンガー、ソングライターのダン・ペン。まあ、アラパマの田舎街に偶然、リック・ホールと同じような音楽を志向している白人の仲間のひとりダン・ペンと出会うんです。
3.Let Them Talk/Dan Penn
いま歌っていたダン・ペンは白人ですが、逆にこれ黒人やろと思わせるようなソウルフルな歌です。ダン・ペンはシンガー・ソングライターとしていまやレジェンド的な存在ですが、60年代初期は歌手として独り立ちしたかったようですがあまり売れず、でもいい曲を書けるので曲を提供するソングライターとして活躍してました。僕もジェイムズ・カーが歌った「Dark End Of The Street」とかアレサ・フランクリンが歌った「Do Right Woman, Do Right Man」などの曲のクレジットで彼の名前を知ってました。このダン・ペンがリック・ホールの右腕的な役割をするようになっていきます。
それでリック・ホールの名前とFAMEスタジオの名前が広く音楽関係者に知れ渡っていく大きなヒットが次のジミー・ヒューズが歌ったスティール・アウェイでした。
ジミー・ヒューズも地元のローカル歌手でそれまでにシングル出したことがあったんですが、ヒットしなくて・・・それでリック・ホールが「自分で曲を書いたらどうなん」ってアドバイスして作ってきたんが、”Steal Away”という不倫の歌です。これをリック・ホールはリリースするのを躊躇してたんですが、これ「絶対売れるで」と言ったのはダン・ペンでした。そして、シカゴのインデーズ大手のVee Jayレコードがこれを全国配給したことから大ヒットになりました。
4.Steal Away/Jimmy Hughes
大ヒットになったのでリック・ホールは、経済的にかなり潤ったと思いますが、FAMEはそんなに抱えているミュージシャンはいなかったのでレコード会社として大きくなっていくことはなかったんです。
ただジワジワとFAMEのサウンドとグルーヴがいいという評判が業界に広まっていきます。
次もいい曲です。「私はあなたのあやつり人形なんだからうまく操って」という可愛い曲です。
5.I’m Your Puppet/James &Bobby Purify
ボビーとジェイムズは従兄弟同士でフロリダ出身なんですが、フロリダのプロデューサーに連れられてFAMEへレコーディングに来て録音してこのI’m Your Puppetがチャートの6位に入った。
こんな風にだんだんいろんなレコード会社がFAMEで録音するとヒットするという感じで全国から、そしてイギリスからもFAMEに録音にくるという感じになっていきました。
来週もまたリック・ホールとFAMEスタジオの話をします。

2018.04.13 ON AIR

photo by 菅原一剛

photo by 菅原一剛

ゲスト:木村充揮

4/1に番組の10周年を記念して行われたライヴにゲストとして来てもらった旧知の盟友、木村充揮くんが番組ゲストで登場!
2週に渡ってとりとめのないふたりの話をお楽しみください。
木村くんの歌も流れますよ。

2018.04.06 ON AIR

photo by  菅原一剛

photo by 菅原一剛

ゲスト:木村充揮

4/1に番組の10周年を記念して行われたライヴにゲストとして来てもらった旧知の盟友、木村充揮くんが番組ゲストで登場!
2週に渡ってとりとめのないふたりの話をお楽しみください。
木村くんの歌も流れますよ。

2018.03.30 ON AIR

60年代ニューオリンズR&Bのパーティソング・マスター Robert Parker

Bare Footin'(Getta Steppin’ 14 dancamatic delights)/Robert Parker (Charly/P-Vine PJ-112)

img

 

ON AIR LIST
1.Bare Footin/Robert Parker(A-1)
2.The Hiccup/Robert Parker(B-3)
3.Give Me The Country Side Of Life/Robert Parker(A-7)
4.Hot ‘N’ Cold/Robert Parker(B-4)
5.Get Right On Down/Robert Parker(B-1)
6.Get Ta Steppin’/Robert Parker(B-2)

ニューオリンズの60年代のR&Bのコンピレーション・アルバムを買うと大抵収録されている”Bare Footin'”というかっこいい、とても印象に残るダンス・ナンバーがあります。
歌っているのはロバート・パーカー。この”Bare Footin'”という曲が大ヒットしたためにロバート・パーカーというと「ああ、ベア・フッティンの人ね」と言われるのですが、実は他にもいい曲がある人なので今日は彼のアルバムを聴いてみようと思います。
今日は踊りながら聴いてください。
まずはその1966年の大ヒット、R&Bチャートで2位、ポップチャートで7位になったこの曲
1.Bare Footin/Robert Parker
この曲はウィルソン・ピケットはじめR&Bとソウル・シンガーたちにカバーされていますが、「靴なんか脱いで、裸足になって踊ろう」という他愛ないダンス・チューンですが、ニューオリンズのR&Bらしいおおらかな感じがしていいですね。

僕はロバート・パーカーをずっと歌手やと思ってたんですが、最初はサックス吹いてたんですね。
ロバート・パーカーは1930年のニューオリンズ生まれで、10代の頃にサックスを吹き始めて、10代の終わり頃にはニューオリンズの音楽シーンに出てきてプロフェッサー・ロングヘアーの”マルディグラ・イン・ニューオリンズ”などのレコーディングにサックスで参加してます。その頃はサックス・プレイヤーとしてニューオリンズでは売れっ子でファッツ・ドミノ、アーマ・トーマス、アール・キングなんかの録音にも参加してます。
59年にRonというレーベルから”All Night Long”という曲でソロ・デビューしました。インスト曲でサックスを吹いています。面白い曲なんですが、そんなにヒットしなくてその後もそれほどのヒットもないまま、Bare Footinで66年にブレイクするわけです。それでどういうきっかけで歌を歌うようになったかはわからないです。このBare Footinの頃の映像ではもうサックスは持ってなくて歌手の顔になってます。
取り立てて歌が上手いというわけではないんですが、なんとも言えないええ味があります。イギリスでもかなり人気がある人で1960年代の後半はイギリスに度々ツアーに出かけてました。

1970年になってSSSというレーベルからニューオリンズ・ファンクな、やっぱりダンス・ナンバーなんですが、The Hiccup(ヒカップ)という曲をリリースします。この曲たぶんバックはニューオリンズのミーターズやと思うのですが、どうでしょう。
2.The Hiccup/Robert Parker
なかなかかっこええ曲やと思うんですが、残念ながらさしてヒットはしませんでした。

彼の70年代に入ってからの曲というのをあまりちゃんと聴いてなかったんですが、今回聴き直したらこれえらいかっこいいんですよ・・70年代に偉大なニューオリンズのプロデューサー、アレンジャー、ピアニストのアレン・トゥーサンが興した「サンスウ・エンタプライズ」からトゥーサンのプロデュースでリリースしたダンス・チューンがこれまたファンキーでかっこええんですよ
曲が始まってすぐにあっニューオリンズ、おっとミーターズってわかるこのグルーヴとサウンドのはっきりした特徴がすごいです。
3.Give Me The Country Side Of Life/Robert Parker
いかにもニューオリンズ・ファンク、いかにもアレン・トゥーサンのプロデュース、いかにもミーターズいう感じでかっこいいんですが、これまためちゃヒットというところまではいかなかったんです。
次の曲は去年亡くなりました偉大なブルーズマン、ジェイムズ・コットンの75年のアルバム「ハイ・エナジー」にも収録されてました。ライヴでもこの曲をやってましたが、あんまりコットンには向いてない感じの曲でやっぱり正直、いまから聴くロバート・パーカーの方がええかなという感じがします。これもいかにもニューオリンズらしい
4.Hot ‘N’ Cold/Robert Parker

例えばファンクと言っても、James Brownのファンクとスライ&ファミリー・ストーンのファンクとこういうニューオリンズのファンクと違うんですが、それを言葉で言い表すのは難しいのですが、ざっくり言うとニューオリンズのものはおおらかな感じがします。James Brownはビートがソリッドで決めのセクションも隙がないとてもタイトなファンクですが、スライのファンクは60年代後半から70年代にかけてのサンフランシスコという土地柄もあって、ピースフルなムードの中にサイケデリックなロックテイストも入ったり、社会性や政治性も含んでとても多様なテイストを感じます。それでこのニューオリンズはこれも土地柄でカリブやインディァンやセカンドラインのゆったりとしたグルーヴが真ん中にどかんとある感じですね。
もちろんシャープな決めもあるんですが、全体が重心が低くておおらかな感じです。

ところでいま気づいたんですが、今日聴いているこのロバート・パーカーのアルバムには一曲もスローの曲がないというダンス・ナンバーに徹底してます。このアルバムはイギリスのチャーリーというレーベルがリリースしたものを日本のP-VineがそのままリリースしたLPレコードで1987年リリースです。すごくいいアルバムでとくにパーティ・アルバムとしてはもってこいなのでもう一回CDでリリースして欲しいですね。

5.Get Right On Down/Robert Parker
やっぱり、南部のファンクの香りがします。
6.Get Ta Steppin’/Robert Parker

今日はニューオリンズのR&Bシーンをアレン・トゥーサンやミーターズと60年代半ばに蘇らせたロバート・パーカーでした。ロバート・パーカーはいまも健在で87才、去年のニューオリンズのジャズ・ヘリテイジのフェスにも出演してます。
このアルバムめちゃいいのでゲットして欲しいし、他のベスト盤もあるんですが、いまほとんど廃盤か売り切れになっているので中古レコード屋さんで根気よく探してみてください。

2018.03.23 ON AIR

Sonny Boy Williamson vol.3

More Real Folk Blues/Sonny Boy Williamson (Chess/MCAビクター MVCM-22022)

More Real Folk Blues/Sonny Boy Williamson (Chess/MCAビクター MVCM-22022)

Bummer Road/Sonny Boy Williamson (Chess/ユニバーサル UICY-93316)

Bummer Road/Sonny Boy Williamson (Chess/ユニバーサル UICY-93316)

 ON AIR LIST
1.Help Me/Sonny Boy Williamson
2.Checkin’ Up On My Baby/Sonny Boy Williamson
3.Unseen Eye/Sonny Boy Williamson
4.Mighty Long Time/Sonny Boy Williamson
5.Too Young To Die/Sonny Boy Williamson

先々週のサザン・ブルーズ、サザン・ビートの南部の話から始まって今日はサニーボーイ・ウィリアムスンの三回目。
シカゴのチェス・レコードにレコーディングを始めてからの彼は後世に残る素晴らしいブルーズをたくさん吹き込んでいます。
シカゴには天才と言われるほどのブルーズ・ハーモニカ・プレイヤー、リトル・ウォルターがいたわけですが、そのウォルターとはまったく違うハーモニカのプレイと独特の少し震えるディープな歌声、そして人間の裏側さえ見せる素晴らしい歌詞によって独自のブルーズをサニーボーイは作ったと僕は思ってます。サザン・ブルーズの武骨さとかラフな感じを彼はシカゴに移ったあとも失わず、ほとんどが南部出身の共演ブルーズマンたちもそのフィーリングに故郷を想い出したのではないかと思います。
そして、チェスでヒットを出したことによって彼はヨーロッパまで演奏に出かけられるチャンスを得ました。1963年秋にイギリスに行った彼はロンドンでヤードバーズとライヴをやります。その時録音されたアルバムをこの番組でも以前ON AIRしましたが、その時ヤードバーズに加入したばかりのエリック・クラプトンはまだ18才でした。

では、その1963年にチェスで録音されたサニーボーイの代表曲のひとつになった曲を。
「オレを助けてくれよ。ひとりやなんもでけへんのや。もし、おまえが助けてくれへんかったら他の女を探さなあかんしな」自分の女への脅かしみたいな歌ですね。心の底に響いてくるようなサニーボーイの歌声が得体の知れぬブルーズです。
1.Help Me/Sonny Boy Williamson

1897年に生まれたと言われているサニーボーイはその出生の年、つまり年齢がはっきりしないこととか、ミシシッピーをエルモア・ジェイムズやロバート・ジョンソンと放浪し始める30年代まで、つまり30年間くらいサニーボーイはどこで何をやっていたのがはっきり分からないミステリアスな男です。1940年代に入ってラジオの番組のDJと生演奏で南部一帯で有名になり51年50才を過ぎての初録音。
たぶん、その日その日のライヴやパーティで貰えるギャラと酒でずっと生きてきて、どこかに急にフラッと言ってしまったり、バンドのギャラ全部持ってどこかへ行ってしまったり・・・と、悪い噂はいっぱいある人ですが、60年代に入るとイギリスやヨーロッパのツアーにも参加してヨーロッパではすごく歓迎されたので嬉しくてイギリスに永住したいと思ったそうです。たぶん、アメリカで暮らすよりも黒人への差別は少なく、みんなに大事にされると感じたのでしょう。
次の曲もイギリスのジョン・メイオールやゲイリー・ムーアにカバーされ、ジュニア・ウエルズやバディ・ガイなど黒人の後輩にもカバーされた人気のブルーズです。

2.Checkin’ Up On My Baby/Sonny Boy Williamson
ブルーズのシンガーとハーモニカ・プレイヤーとしてだけではなくて、ブルーズのソングライターとしてサニーボーイは優れていると思います。歌詞を読んでいるとすごく含みのある、人間の欲望とか嫉妬とかそういう面をすごく良く知っている感じがします。
次の歌も僕は大好きな歌詞です。
「自分の彼女にオマエの言うことややることに気をつけろよ。オマエは見えない目で見られてるんやよ」と、まあ何でもオレの耳に入ってくるぞということでしょうか、自分の彼女に警告してるような歌詞です。
この曲のバックのギターはロバート・ジュニア・ロックウッドとルーサー・タッカーですが、もう実に素晴らしいバッキングでこのブルーズの色づけを見事にやっています。
3.Unseen Eye/Sonny Boy Williamson

僕はいままでたくさんブルーズをカバーして歌ってきましたが、カバーしにくいブルーズマンのひとりがこのサニーボーイ・ウィリアムスンです。それは次の曲でもそうですが、こんな風に喋るように歌うのはすごく難しいんです。しかも、独特のこもった歌声に微妙なビブラートがかかっていてすごく個性的です。ジョン・リー・フッカーとかライトニンなんかもそうですが、その声に特徴がありすぎて、個性的すぎてカバーが難しい感じになってます。

では、次の曲はサニーボーイに教えを受けたジェイムズ・コットン、今年亡くなりましたが・・・、そのコットンがカバーしている曲です。
「ずいぶんと長い長い時間が過ぎた可愛いあいつを見つけてから長い時が経った。床のカーペットが色褪せるほど長い長い時間が過ぎた。もし、彼女がオレのところに帰ってきてくれたら、オレは絶対にあいつを離さない」
4.Mighty Long Time/Sonny Boy Williamson

たぶん、サニーボーイみたいな大酒飲みでほら吹きで女たらしでという人は、仲間としてつき合っていたらめっちゃめんどくさい奴やと思うんですよ。でも、そういうめんどくさい奴が他の人にはできないとても個性的な、こうしていまの時代でも歌い継がれるブルーズを作ったりします。
だから、ちょっとめんどくさい人ってどこでもいると思うんですが、見方を変えるととても個性的な魅力的な人っていうのもいろいろいると思います。でも、めんどくさい奴になれと言うてるわけやないですよ。
19世紀の終わりくらいに生まれて子供の頃にハーモニカを覚えて、南部を放浪しながら、嫌なこともいいこともたくさんあって、40過ぎた頃にアーカンソーのヘレナという町でやっと人気が出てたくさんの人に知られて・・というサニーボーイの人生がどれくらいハードだったかはわかりませんが、楽な人生でなかったとは思います。
ヨーロッパでもてはやされてアメリカの南部に帰ってきてまた前と同じような生活を始めた頃にはもう身体が病に蝕まれていて、最後はライヴ最中に血反吐を吐きながらハーモニカを吹いていたそうです。そして、いちばん好きやっただろうヘレナで亡くなってます。
1965年、68才とか69才です。
では、最後にもう一曲 なんかヤバい女にでも手を出したんでしょうか。あいつが怖いよというてます。オレはまだ死ぬには若過ぎるからなと。
5.Too Young To Die/Sonny Boy Williamson
偉大なサニーボーイ・ウィリアムスンを三回に渡って聴きました。