2019.01.11 ON AIR

ニューオリンズを代表するミュージシャンになったイギリス人、ジョン・クリアリーの新譜”DYNA-MITE”

Jon Cleary/DYNA-MITE (FHQ Records/BSMF Records-2623)
img01

ON AIR LIST
1.Dyna-Mite/Jon Cleary
2.Skin In The Game/Jon Cleary
3.Hit,Git,Quit,Split/Jon Cleary
4.Frenchman Street Blues/Jon Cleary
ニューオリンズのピアニスト、ジョン・クリアリーが昨年2018年9月に新譜「DYNA-MITE」をリリースしたのですが、ON AIRするのが遅れてしまいました。
何度か来日しているのでジョン・クリアリーのライヴをご覧になった方もいると思いますが、いま現在ニューオリンズでいちばん脂の乗ったピアニストで自分のソロ活動だけでなく、タジ・マハールやマリア・マルダー、エリック・クラプトンなどいろんなミュージシャンのライヴ、レコーディングに参加しており、一時期はボニー・レイットのバンドのメンバーでもありました。前のアルバム”Go Go Juice”ではグラミーも取りましたし、いまやニューオリンズを代表するミュージシャンのひとりになりました。
今回のアルバムは8枚目か。
まずは新しいアルバムからアルバムタイトル曲。
ニューオリンズのファンクの匂いがするカッコいい曲です。
1.Dyna-Mite/Jon Cleary

ジョン・クリアリーは1962年生まれですから、現在56才。イギリス人なんですが、ニューオリンズの音楽が大好き、好きでニューオリンズに住んでしまったですね。僕の友達でも、山岸潤史いう奴が同じような感じでニューオリンズに住み着いてしまったけれど、やはりそれだけの魅力のある街であり、魅力のある音楽があるところです。
クリアリーはピアノを五才くらいから弾いていて15才でバンドを組んでいたんですが、もうニューオリンズへの愛が強くなるばかりでアート・スクールを卒業するとニューオリンズへ渡ってしまいます。18才くらいですかね。
新しいアルバムはニューオリンズ・テイストだけでなく、こじゃれたAOR的な曲もあり次の曲もこの感じなんかのソウルの曲で聞いたことあるんですが、想い出せません。オールドスクールな曲なんですが・・・。
2.Skin In The Game/Jon Cleary

実は僕はジョン・クリアリーは彼がまだ有名になる前、アルバムも出していない頃、横浜のライヴハウスで一度一緒にライヴをやっています。
その時、1,2曲だけ飛び入りやってもらうつもりでしたが、リハーサルやったらピアノがすごく良かったので全曲やってもらうことになって盛り上がりました。

次はゴリゴリのニューオリンズ・ファンクです。バックが結構自由にジャムやっている感じがいいです。
3.Hit,Git,Quit,Split/Jon Cleary

ニューオリンズは昔からピアニストの宝庫でプロフェッサー・ロングヘア、ファッツ・ドミノ、アラン・トゥーサン、ドクター・ジョン、ジェイムズ・ブーカーもう上手い、個性的なピアニストがたくさん出てきた街です。
その中でジャズあり、ブルーズあり、R&Bあり、ファンクあり、そしてニューオリンズ独特のセカンドライン、インディアンの音楽、そしてカリブの音楽ともういろんなものがミックスされた音楽が溢れている街ですから、クリアリーがイギリスからニューオリンズへ行ってしまった気持ちもわかります。
クリアリーはもちろんピアノを弾くのですが、このアルバムには主にオルガンとコーラスでナイジェル・ホールが参加しています。このナイジェル・ホールもいまクエスト・ラブとかアイヴァン・ネヴィルとかの録音にも参加している実力のあるキーボード奏者です。ブルーズバラードの曲でとても上手くキーボード類が使われてます。
4.Frenchman Street Blues/Jon Cleary
いいですね。ニューオリンズのクラブに行ってこんな曲聴きながらお酒飲みたいですね。
今回のジョン・クリアリーのアルバム「ダイナマイト」はいろんなタイプの曲が収録されていますが、バラバラになってなくて統一感がありいいアルバムだと思います。パーティ・アルバムにもいいかと思います。
日本のBSMFレコードから発売されていてゲットしゃすいので、是非聴いてみてください。

2019.01.04 ON AIR

Happy New Year! 2019
今年は亥年、猪突猛進のブルーズで新年のご挨拶

Truckin' With Albert Collins/Albert Collins (MCA MCAD 10423)

Truckin’ With Albert Collins/Albert Collins (MCA MCAD 10423)

Hound Dog Taylor And The House Rockers(Alligator/King KICP-2916)

Hound Dog Taylor And The House Rockers(Alligator/King KICP-2916)

Legendary Boogie Woogie Pianists 1928-1946(ユニバーサル UCCC3041)

Legendary Boogie Woogie Pianists 1928-1946(ユニバーサル UCCC3041)

Blues Masters Vol.4:Harmonica Classics(RHINO R2 71121)

Blues Masters Vol.4:Harmonica Classics(RHINO R2 71121)

LIVE & LOUD 1968/Freddy King (Rock Beat ROC-CD-3248)

LIVE & LOUD 1968/Freddy King (Rock Beat ROC-CD-3248)

ON AIR LIST
1.Frosty/Albert Collins
2.Give Me Back My Wig/Hound Dog Taylor&The House Rockers
3.Death Ray Boogie/Pete Johnson
4.Rocket88/Jimmy Cotton Blues Quartet
5.Feelin’ Good (I Wanna Boogie)/Freddy King

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。この番組も12年目に入ってますが、今年も他の音楽番組ではあまりON AIRされない、でも素晴らしい、いい音楽をブルーズを軸にしてみなさんにお届けします。
今年の干支は亥(い)年、つまり猪で猪突猛進という言葉があるように、今年の最初は猪突猛進なブルーズをお送りします。

まずはアルバート・コリンズのアルバム”Truckin’ With Albert Collins”から
1.Frosty/Albert Collins

調べてみたらアルバート・コリンズが亡くなったのが1993年ですからもう26年になります。日本にも何度か来てくれまして毎回熱いライヴで、熱いギターを聴かせてくれました。渋谷のライヴインというライヴハウスでテレキャスターのギターを弾きながら、客席を練り歩いていたのを想い出します。本当に楽しいブルーズライヴでした。
次も猪突猛進のブルーズマンですが、一度ライヴ観たかったブルーズマンのひとり、ハウンド・ドッグ・テイラーです。僕がアメリカへ初めて行ったのは1975年の12月でしたが、その時には彼はすでに天国でした。
いまから聴いてもらうこういうリアルなブルーズのサウンドとグルーヴというのはクラブで生で聴くのがいちばんその良さがわかるもの
だからハウンドドッグがもう少し長生きしていれば日本にも来ていたと思います。本当に残念!
「オレのカツラ返してくれ!」というファンキーなブルーズ
2.Give Me Back My Wig/Hound Dog Taylor&The House Rockers
ギターの音の歪み具合なんか最高ですが、ラフでタフなハウンドドッグのブルーズを聴いているとなんか余計なことはどうでもよくなって元気になります。

次はブルーズ・ピアノの猪突猛進を聴いてみましょうか。1930年代の終わりから40年代にかけてブギ・ピアノの流行があったのですが、その中の中心的なピアニストのピート・ジョンソンです。ピート・ジョンソンはどちらかと言えばブルーズ系よりジャズ系のピアニストですが、ブギが流行った頃はジャズのピアニストたちもブルーズのブギの演奏をやりました。ピート・ジョンソンはジョー・ターナーの歌のバックでも有名な人ですが、そのジョー・ターナーもブルーズも歌い、ジャズも歌うという人で50年代にはロックンロールが流行ってそこではロックン・ローラー的な扱いをされてましたが、本人が歌っているのは変らないブギウギでした。では、最高のブギウギピアノを聴いてください。
3.Death Ray Boogie/Pete Johnson
スピード感、タッチの強さ、グルーヴ感、フレイズの多彩さ・・どれをとっても素晴らしいブギウギピアノでした。

次はハーモニカ・プレイヤーの猪突猛進はハーモニカ・プレイヤーのジェイムズ・コットンを選びました。いまから聴いてもらうテイクはジェイムズではなくなぜかジミー・コットンとクレジットされています。このブルーズは1974年のコットンの有名な”100%Cotton”のアルバムで知っている方が多いと思いますが、今日のは1965年のシカゴの録音でピアノがオーティス・スパン、ギターがピーウィー・マディソン、ドラムがS.Pリアリーというシカゴブルーズのベテランたちで、まさにシカゴ・ブルーズ・サウンドです。
4.Rocket88/Jimmy Cotton Blues Quartet

次のフレディ・キングも若くして亡くなりましたが、フレディもかなりテンションの高い猪突猛進なブルーズマンで、ライヴで登場して一曲目で音量を上げすぎたのかプツンとギターアンプが飛んで音が出なくなるという映像もあります。ギターのネックが折れるんちゃうか・・と思うくらい太い腕と太い指で力入ってます。歌ってる顔ももうおっさん血管切れるでと言いたくなるテンションの高さです。
1973年スウェーデンでのコンサートからのライヴ録音です。アルバムタイトルが”Live &Loud”ですから、いまから音量あげてラウドで聴いてください。
元々はジュニア・パーカーのオリジナルで歌があるんですが、フレディはインストでやってます。
5.Feelin’ Good (I Wanna Boogie)/Freddy King

今年は猪年ということで猪突猛進な勢いのあるブルーズを聴いてもらいました。
今年も無病息災で元気にこの番組をやっていきたいと思ってます。
今年もよろしく、Hey Hey,The Blues Is Alright!