2019.09.13 ON AIR

ニューオリンズ・リズム&ブルーズの道を作った偉大なプロデューサー、デイヴ・バーソロミュー vol.2

The Best Of Fats Domino (EMI CDP 7 46581 2)
img

New Orleans The Ultimate Collection (Union Square Music)
img02

The COSIMO MATASSA STORY (PROPER BOX 129)
img03

ON AIR LIST
1.Blue Monday/Fats Domino
2.Lawdy Miss Clawdy/Lloyd Price
3.Come On/Earl King
4.Let The Good Times Roll/Shirley & Lee
5.Walking To New Orleans/Fats Domino

前回、6月に100才で亡くなった偉大なプロデューサー、デイヴ・バーソロミューがプロデュースした曲や彼自身の曲を聴きましたが、今日もまず彼なくしては語れない偉ファッツ・ドミノがバーソロミューと作った曲から始めましょう。
月曜日をテーマにした曲はほとんど月曜に働きに行くのがイヤだというものですが、この曲もそうです
「ブルーな憂鬱な、嫌な月曜日や。一日中奴隷みたいに働かなアカン。そしてハードな火曜日がやってくる。遊ぶ時間もないんやで、もうめちゃしんどいわ。水曜も木曜もそんな調子で金曜には給料もらえるし、土曜になったら疲れはどっかへいってしまう。彼女そさって金もあるしや、出かけて遊びまくるで。日曜日は休みとっとかんとな。また最悪の月曜がくるから」
1.Blue Monday/Fats Domino
実はこの曲スマイリー・ルイスが先に1954年にリリースしたんですが、売れなくてその二年後にファッツがリリースするとR&Bチャートのトップになり、ポップチャートでも5位という大ヒット。
ちなみにこのBlue Mondayは映画「The Girl Can’t Help It」(女はそれを我慢できない)の中でファッツ自身が歌うシーンがあります。それもあっての大ヒットだったかも知れません。

次の大ヒットもバーソロミューのプロデュースですが、1952年に19才だったロイド・プライスに歌わせたこの曲はR&Bチャートの1位に7週間もとどまるヒットになり、ロイド・プライスを代表する曲となりました。彼はこのあとも”Just Because”などで素晴らしいR&Bを聴かせています。
2.Lawdy Miss Clawdy/Lloyd Price
もうなんと言っても歌が素晴らしい。
デイヴ・バーソロミューが最初にプロデュースを手がけた曲はインペリアルというレコード会社からリリースされたのですが、いまの曲はスペシャルティというレコード会社からの1952年のリリースです。どうもインペリアルレコードともめたらしくてスペシャルティの録音をしたのですが、たぶんお金のことでしょうね。でも、金を出してもらったのか、またインペリアルに戻っていってます。
バーソロミューは僕が大好きなこの曲もプロデュースしています
3.Come On/Earl King
この曲はこの前もドクター・ジョンの追悼の時もON AIRしましたが、ジミ・ヘンドリックスがアルバム「エレクトリック・レディランド」でカバーしているのを知っている方もいると思います。デイヴ・バーソロミューのような人というとブルーズ界ではシカゴ・ブルーズのウィリー・ディクソンで、ディクソンはベーシストでシンガーでもありましたが、彼自身の曲はあまり売れなかったんですが、やはりプロデューサー、タレントスカウトとしての才能はありました。マディ・ウォーターズもハウリン・ウルフもサニー・ボーイもやはりディクソンのプロデュースがあったからのヒットやと思います。バーソロミューの立場をニューオリンズで60年代から70年代引き受けたのが、アレン・トゥーサンです。彼はバーソロミューの録音にピアニストとして若い頃参加しています。たぶん、そこでバーソロミューのプロデュースのやり方も学んだと思います。
どんなにいい歌手でも曲に恵まれないとまず売れません。そしてその曲をどんな風にアレンジして、どんなミュージシャンにどこのスタジオでどのエンジニアを使って録音させるかというのがプロデューサーの仕事です。だからプロデューサーというのは音楽を作る上で最もトップにいる立場なんですね。それをこれだけヒット曲を出したデイヴ・バーソロミューはやはり偉大というしかないでしょう。
次の曲も大好きな曲です。1956年のヒットです。
4.Let The Good Times Roll/Shirley & Lee
ドラムはアール・パーマー・・・無敵です。
バーソロミューがプロデューサーとして腕を振るったインペリアル・レコードは1963年にリバティ・レコードに買い取られ、バーソロミューはウエストコーストからニューオリンズへ帰ってきました。そして、トランペット・レコードやマーキュリーレコードでプロデュースをし自分のレーベルを立ち上げたりしましたが、セールス面での成果はあまりなかったようです。70年代80年代はニューオリンズでディキシーランドジャズバンドを立ち上げたりもしましたが、まあ悠々自適の晩年だったのでしょう。
最後の曲は元々ボビー・チャールズが書いた曲ですが、ある時ボビー・チャールズが大ファンだったファッツ・ドミノのコンサートの楽屋で会ったそうです。その時にファッツが「今度ニューオリンズのオレんところに遊びにおいでよ」と誘ったそうです。その時ボビー・チャールズは車を持っていなくて「もし、ご自宅へ行くのなら僕は歩いてニューオリンズへ行かなくては・・」と答えてこの歌ができたそうです。ニューオリンズまで歩いていく・・。
5.Walking To New Orleans/Fats Domino
この曲もヒットしてR&Bチャート2位、ポップチャート6位まで上がりました。

元々ニューオリンズはジャズからR&Bまで優れたミュージシャンがたくさんいるところでしたが、そのミュージシャンたちをまとめてクオリティの高いしかも売れるエンターテイメントにしたデイヴ・バーソロミューはもっと知られて評価を受けるべき人だと僕は思います。僕もこういう音楽を好きになった最初はプロデューサーの名前なんてクレジットにあっても見なかったんですが・・・。
アトランティックレコードのアーメット・アーディガンやジェリー・ウエクスラー、モータウンのベリー・ゴーディ、マッスル・ショールズのリック・ホール、そしてアラン・トゥーサン、そして二回に渡ってきいてもらったデイヴ・バーソロミューといったプロデューサーたちはほんとに素晴らしい音楽を世の中に出した人たちです。
デイヴ・バーソロミュー・・・みんなも名前を覚えておいてください。

2019.09.06 ON AIR

ニューオリンズ・リズム&ブルーズの道を作った偉大なプロデューサー、デイヴ・バーソロミュー vol.1

The Best Of Fats Domino (EMI CDP 7 46581 2)
img

New Orleans The Ultimate Collection (Union Square Music)
img02

The COSIMO MATASSA STORY (PROPER BOX 129)
img03

ON AIR LIST
1.The Fat Man/Fats Domino
2.I Hear You Knocking/Smiley Lewis
3.Ain’t That A Shame/Fats Domino
4.Country Boy/Dave Bartholomew and His Orchestra
5.My Blue Heaven/Fats Domino

ここ三回に渡って先頃亡くなったドクター・ジョンの追悼ON AIRをしましたが、実はそのすぐあと6月23日にドクターの大先輩であり、同じニューオリンズ音楽にとって大切なミュージシャン、デイヴ・バーソロミューが亡くなりました。100才でした。50年代のニューオリンズ・サウンドの偉大なプロデューサーでした。
彼がプロデュースしたミュージシャンをざっと挙げてみると、まずファッツ・ドミノ、シャーリー&リー、アール・キング、ロイド・プライス、スマイリー・ルイス、クリス・ケナー、フランキー・フォード、ロバート・パーカーともう錚々たるニューオリンズのミュージシャンが出てきます。
まずはデイヴ・バーソロミューがプロデュースして最も売れたこの人、ファッツ・ドミノ
曲名がThe Fat Manですから「太った男」ですが、「オレはみんなに太っちょと呼ばれて、200ポンドあるけどこの界隈の女の子にはモテモテなんよ。ランポートとカナルストリートの角でクレオールの可愛い女の子を眺めてる」
ファッツ・ドミノのファッツも太っちょというあだ名ですが、太っちょのドミノが歌う太っちょ男です。
1.The Fat Man/Fats Domino
この曲はファッツ・ドミノの1949年12月リリースのデビュー曲でデイヴ・バーソロミーがファッツをプロデュースした最初の曲でもあります。この曲がすぐR&Bチャートの2位まであがります。
この曲はそれまで流行っていたビートとは違うグルーヴを出した画期的な曲で、ドラムを担当したアール・パーマーはいわゆる「バック・ビート」を最初に打ち出したのはこの曲だと言ってます。だからR&Bだけでなく、のちのポピュラー・ミュージック全体に広がっていくバック・ビートの最初の曲としてこれは非常に重要です。
いまアール・パーマーの名前を出しましたが、この頃バーソロミューが自分のバンド「デイヴ・バーソロミュー・オーケストラ」に集めたニューオリンズの優れたミュージシャンが、ウッド・ベースがフランク・フィールズ、アーネスト・マクリーンがギター、サックスのアルヴィン・レッド・タイラー、リー・アレン、それにトランペットのデイヴ・バーソロミュー、そしてこの曲のピアノと歌がファッツ・ドミノ。

レコーディングに関して一般のリスナーがプロデューサーというのを意識したのは、たぶん70年代に入ってからだと思います。音楽関係者の間では60年代から、例えばビートルズのプロデューサーのジョージ・マーチンとかロネッツなどをプロデュースしヒット曲をたくさん送り出したフィル・スペクターだとかアトランティックレコードのジェリー・ウェクスラーの名前は取り沙汰されてましたが、レコードを買う一般のリスターは別にプロデューサーが誰であるかなんてまあどうでもいいんですよね。買ったレコードのその曲がよければいいわけで・・・。ミュージシャンのファンにはなりますが、プロデューサーのファンにはならないですよね。ところがミュージシャンにとって、レコードを作る段階においてプロデューサーはとても大切です。アルバム制作の責任者ですから、ミュージシャンの個性や音楽的な意向を考えて、しかも売れるものを作らなければいけない立場です。つまり、音楽的な知識や素養もなければいけないし、世の中でどんな音楽が好まれるかというのを知ってないと売れない。しかも少し新しいと思われるテイストを音楽に入れることも大切です。それでも確実にこれは売れると確信を持てることは少ないと思います。
40年代からデイヴ・バーソロミューは優れたミュージシャンを集めてクラブで演奏していたので、お客さんにどんな音楽が好まれるのかがわかっていたのではないでしょうか。そして、優れたミュージシャンを聞き分ける耳を彼が持っていたことがすごいと思います。あとバーソロミューは作詞作曲が出来たところも素晴らしいです。次の1955年にチャートの2位まで上がった大ヒットもバーソロミューが曲を書き、プロデュースしたものですが、これを歌ったスマイリー・ルイスはこの曲で世の中に知られるようになりました。
「出ていって長い間いなかったオマエが帰ってきてドアをノックしてる。ノックの音は聴こえてるよでもオマエは中には入れない。いま住んでるところへ帰りな」という一旦捨てられた男の意地でしょうか。
2.I Hear You Knocking/Smiley Lewis

いまの”I Hear You Knocking”と同じ55年に、これはR&Bチャートの1位になりポップチャートでもトップ10に入った大ヒットをバーソロミューとファッツ・ドミノのコンビはリリースします。
ジョン・レノンほかたくさんのカバーがあり、ロックンロールの名曲といわれてますが僕はR&Bだと思っています。それまでにはないグルーヴ感をもった斬新なR&Bだったと思います。
3.Ain’t That A Shame/Fats Domino
いまの曲もファッツ・ドミノとバーソロミューの共作です。ふたりはステージでも一緒で、つまりデイヴ・バーソロミュー・オーケストラがずっとファッツのバックバンドとしてライヴもやったわけです。ですからバンドのグルーヴやアンサンブルも当然鍛えられていくし、新しいアイデアも出て曲も次々生まれたわけです。ちなみにバーソロミューはトランぺッターでシンガーでもあります。彼自身のヒットはなかったのですが、プロデューサー、アレンジャー、タレントスカウトの才能のは秀でていた人です。でも、ここで彼がソロでレコーディングした曲を聴いてみましょうか。
この曲がいちばんチャートに上がった曲でR&Bチャートの14位まで行きました。
4.Country Boy/Dave Bartholomew and His Orchestra
この曲のあとにほとんど曲は一緒で歌詞だけ変えたCountry Girlという曲を録音しているんですが、鳴かず飛ばずでした。
バーソロミューは1940年代の終わりに「インペリアル・レコード」とプロデューサー、タレントスカウトの契約をしました。インペリアル・レコードにとっては次々とヒットを量産してくれるバーソロミューは重要な人でした。ミュージシャンの個性を見抜く力に長けていて、ドラムのアール・パーマーを中心としたビートは明らかに他のグループにはない斬新な、強力なビートを打ち出していました。ビートを強調したダンス・ミュージックとして新しいニューオリンズ・サウンドを50年代はじめに作ったのは、間違いなくデイヴ・バーソロミューでした。

僕は昔、次の曲名からいただいたバンド名をつけていました。そのくらいこの曲が好きですが、実はこの曲はファッツ・ドミノのオリジナルではなく、1927年という遠い昔につくられた曲だったのです。でも、多くの人はファッツのバージョンでこの曲を知ったと思います。うちの親父も聴いていました。
私がこの歌を初めて聴いた小学生の頃、英語ももちろんわかりませんでしたが、この歌のもつ幸せなテイストを私は感じたのかも知れません。
5.My Blue Heaven/Fats Domino
50年代にブルーズから生まれた新しいR&Bという音楽をつくりあげ、新しいグルーヴを作り、ひいては新しいポップスの基本を作ったのがデイヴ・バーソロミューと彼のオーケストラのメンバーでした。
次回もう一回この偉大なプロデューサー、バーサーソロミューの残した音源を聴きます。