2018.01.12 ON AIR

レコードでブルーズ名盤を聴く
1990年ブルーズの名盤ジミー・ロジャース「ルデラ」

Ludella/Jimmy Rogers (Antone’s 12/BEDROCK RECORDS BEDLP13)

img01

ON AIR LIST
1.You’re Sweet/Jimmy Rogers
2.Rock This House/Jimmy Rogers
3.Ludella/Jimmy Rogers
4.Chicago Bound/Jimmy Rogers
5.Got My Mojo Workin’/Jimmy Rogers

 

 

 

 

シカゴ・エレクトリック・ブルーズの全盛期というのは、40年代中頃から50年代中頃だと言われている。今日聴いてもらうジミー・ロジャースも代表作と言われるのは、チェス・レコードで1950年代に録音したシングルを集めた「シカゴ・バウンド」となっている。確かに「シカゴ・バウンド」は名盤と呼ばれのにふさわしい一枚だ。
しかし、今回聞いてもらう1990年リリースの「ルデラ」というアルバムも素晴らしい一枚。シカゴ・ブルーズ全盛と呼ばれてから40年経ち、しかもシカゴではなくテキサスのアントンズ・レコードからリリースされたのが今回のアルバム
ドラムはスタジオ録音がハウンドドッグ・テイラーのバンドに在籍したテッド・ハーヴィ。そして、ライヴ録音はマディ・ウォーターズのバンドにいたウィリー・スミス、ピアノがパイントップ・パーキンス、ハーモニカがファビラス・サンダーバードのキム・ウィルソン、プロデューサーもキム。このあたりのメンバーを見ただけで期待感が高まる。ライヴの方にはギターのヒューバート・サムリンも参加。

まず一曲 今日もLPレコードなのでA面の1曲目です「君は素敵だ、ベイビーとっても素敵だ。通りを歩いている中で君がいちばん素敵だ。膝までのミニスカートにポンチョのケープを着ている君が素敵だ」
1.You’re Sweet/Jimmy Rogers

ガッガ、ガッガ、ガッガ・・というシャッフルのリズムがとにかく気持ちいいです。シカゴでカツ行くしたが、ジミー・ロジャーズの歌声は南部のダウンホーム・テイストを失ってない。キム・ウィルソンのハーモニカはパワーがあってバンドに力を与えているし、パイントップの落ち着いたピアノはもう国宝ものだ。

ライヴ・バージョンもいかにこのレコーディング・セッションがよかったかを示しているのが次のテイクです。非常に濃厚なブルーズの音の塊がグルーヴしている。
2.Rock This House/Jimmy Rogers

全盛と言われた40、50年代のシカゴ・ブルーズと今回聴いている90年のブルーズは違っていて当たり前。録音している場所も録音している機材もエンジニアも違うし、参加ミュージシャンも違うし・・ハーモニカのキムなんかはシカゴ・ブルーズに憧れた若手ですから。そしてジミー・ロジャースの歌う気持ちも昔とは違うし、時代の空気も違うし、だから一概に過去の録音と同じ土俵で比べるのはおかしいと思う。

次はアルバム・タイトル曲「ルデラ」女性の名前で「ルデラ、オマエの家の家賃も払ってやったし、なんでもオマエのためにしてやったん。でも、オマエなんか浮気してるやろ。ルデラ、オレの言うてることが聴こえるか、オマエになんでもしてやったけど、もうオマエとはやってられんわ」I Can’t Get Along With Youと歌っている。
3.Ludella/Jimmy Rogers
ルデラ、ルデラと歌う時のジミー・ロジャーズのもっちゃりした声がいいですね。B.B.キングのようなゴスペルからきた歌い方と違う南部ミシシッピーの土着を感じさせる彼の歌声がもうこのアルバムのど真ん中にあって、その周りを他の優れたミュージシャンが囲んでサポートしている素晴らしいセッションだ。

次はジミー・ロジャースを代表する曲で50年代の彼の名盤のアルバム・タイトルでもあった「シカゴ・バウンド」
「1934年にオレは彼女が行かないでというのを振切ってジョージアを出て、メンフィスへいったそこにも愛した女はおったけど、メンフィスを出てセントルイスへ行った。そんでセントルイスからシカゴへきた。シカゴがいいよ。最高の町や」
4.Chicago Bound/Jimmy Rogers

最後はかってバックを勤め、録音もたくさんしたマディ・ウォーターズの定番曲だったMojo Workin
このアルバムのブロデュースはハーモニカのキム・ウィルソンですが、キムは白人のブルーズバンド「ファビュラス・サンダーバード」のメンバーです。かってマディがあの天才と呼ばれたハーモニカのリトル・ウォルターにいちばん近いのは、キム・ウィルソンと言ったことがあるほどのハーモニカ・プレイヤー。このアルバムではちょっと音が大きい、出過ぎな感じもあるが、憧れのジミー・ロジャースと一緒というのでテンション高かったのでは・・。そのキムのテンションがこのアルバムの演奏をひっぱっているように思う。

5.Got My Mojo Workin’/Jimmy Rogers

今日は黄金期のシカゴ・ブルーズの立役者のひとり、ジミー・ロジャースの1990年のアルバム「ルデラ」でした。
彼は50年代はシカゴの売れっ子ミュージシャンでしたが、60年代は引退して服の店をやってたみたいで約10年間のブランクのあと72年にフレディ・キングの後押しもあって、レオン・ラッセルのシェルター・レコードからのアルバムで復帰してる。97年に残念ながら亡くなった。
ジミー・ロジャーズのこのアルバム「ルデラ」は買い!

2018.01.05 ON AIR

「あけましておめでとうございます!」
LPレコードでブルーズ名盤を聴く
John Lee Hooker Sings Blues/John Lee Hooker(KING 727)
img01

ON AIR LIST
1.I’m Gonna Kill That Woman
2.Slim’s Stomp/John Lee Hooker
3.Late Last Night/John Lee Hooker
4.Devil’s Jump/John Lee Hooker
5.Wandering Blues/John Lee Hooker

 

 

 

 

ブルーズのアルバムには名盤と言われているアルバムがあります。例えば、B.B.キングの”Live At Regal”とかライトニン・ホプキンスの”Mojo Hand”とかT.ボーン・ウォーカーの「モダン・ブルーズギターの父」とかマジック・サムの”West Side Soul”とか・・。
今日はそういうブルーズの名盤と呼ばれている中の一枚、ジョン・リー・フッカーの”John Lee Hooker Sings Blues”をレコードで聴きます。
アメリカのキング・レコードが1961年にリリース。
僕がブルーズに興味を持ち始めた1970年頃にはすでにこのアルバムは貴重な名盤として手に入らないものでした。もちろん日本盤ではリリースされていなくて、たまに輸入盤を見かけることがあってもレアなものだけに値段が高くて手が出せませんでした。ブルーズ好きの間では原盤のレコード番号が727なのでキング727とかただ727呼ばれてました。飛行機のポーイング727みたいですが。
まずは一曲聴いてみましょう、これぞブルーズという曲です。
1.I’m Gonna Kill That Woman
こういう恨みに満ちた歌ってあまりないです。
録音の音の感じがギラギラしていてある意味パンクな感じです。
ジョン・リーの声がディープですから迫力あります。

ジョン・リー・フッカーのレパートリーは大雑把に言うとドロっとしたいまのようなスローミディアム・テンポのブルーズともうひとつはアップのブギです。
1949年のデビュー・ヒットが「ブギ・チレン」という曲で、これが当時のR&Bチャートの1位になって、それからいわゆるジョン・リー独特のギター・ブギが彼のドレード・マークになって、それは後のジュニア・パーカー、マジック・サムへも引き継がれて、ジョン・リーのブギはブルーズの中のひとつのジャンルのようになりました。
では、ジョン・リーのブギのインスト曲です。これがまたかっこいい。ロックであり、パンクであり・・・つまりブルーズという音楽がロックを生んだことがわかる曲です。
2.Slim’s Stomp/John Lee Hooker
めちゃくちゃリズムいいです。ジョン・リーのギターリストだけで踊れます。

昔はブルーズのアルバム・ガイド・ブックもなくて、ジョン・リーはもういろんなレコード会社にたくさん録音をしているのでどれを買ったらいいかわからなくて困ったもんです。それで知らず知らずの間にかなりの枚数のジョン・リーのアルバムが僕のレコード棚にあります。
今日聴いているのは”John Lee Hooker Sings Blues”ですが、もう一枚よく似たタイトルで”John Lee Hooker Sings The Blues”という紛らわしいのがあります。それもまたいいんですよ。しかも、今日のこのアルバム、A面とB面のそれぞれの最後のジョン・リーではないアール・フッカー、ジョン・リーのいとこですが、彼の曲がどういうわけか二曲ずつ入ってます・・・もう意味わかりませんが、まあ昔のアメリカの黒人音楽のレコード会社は大雑把というかええ加減というか。
でも、今日聴いているこのジョン・リーの名盤なんですよ。
次はあとからドラムがダビングされてますが、そういうことも当時のレコード会社は平気でやるんですよね。たぶん。ジョン・リー本人は知らないと思います。
3.Late Last Night/John Lee Hooker

ジョン・リーが足でリズムを刻む音が録音に入ってますが、これがまたかっこいいんですよ。わざと足音を録音してグルーヴ感を出すという素晴らしいアイデアです。曲名が「悪魔のジャンプ」ですが、ジョン・リーのリズムが悪魔みたいです。かっこよすぎる曲です。
4.Devil’s Jump/John Lee Hooker
ウエストコーストのピアノ・ブルーズマン、チャールズ・ブラウンの大ヒット”Driftin’Blues”の歌詞をちょっと変えただけのパクリものですが、そこはさすがジョン・リー、完全に自分のスタイルにして
Drftin’をWanderingにしただけですが、まあ両方とも「さまよう、放浪する」と意味は同じようなものですが。
5.Wandering Blues/John Lee Hooker

今日聞いたこのアルバムJohn Lee Hooker Sings Blues/John Lee Hooker(KING 727)これは見つけたら絶対買いです。

2017.12.29 ON AIR

Hotoke Sings The Blues
img01

今年最後のON AIRということでスタジオで弾き語りしました。
相変わらずひとりで演奏するのは苦手ですが、年に1,2度はいいかなと・・。来年は弾き語りがもっとちゃんとできるようになることも目標のひとつです。
クリスマス終わってるけど年末らしいレパートリーがないので”Merry Christmas Baby”を歌ってしまいました。

1.Rockin’ And Rollin’/永井ホトケ隆
2.Merry Christmas Baby/永井ホトケ隆
4.Ramblin’ On My Mind/永井ホトケ隆
5.I’ll Come Running Back/永井ホトケ隆

また、来年もよろしくお願いします!
この番組のアルバム第2弾”Hotoke’s Blues Power Radio Hour 10th Anniversary”が、来年早々1月24日にリリースされます。
そして、ブルーズ・ザ・ブッチャーの”Rockin’AndRollin’”がLPレコードで2月14日にリリース!ツアーもやります!
詳細はこのHPで告知しますのでしばらくお待ちください。
よろしくお願いします!

よいお年をお迎えください。
永井ホトケ隆

2017.12.22 ON AIR

クリスマスにゴスペルを

img01img02img03

img04img05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ON AIR LIST
1.Touch The Hem Of His Garment/Sam Cooke
2.What A Friend We Have In Jesus/Al Green
3.Precious Lord,Lord Hold My Hand/Sister Rosetta Tharpe
4.It’s Nobody’s Fault But Mine/Blind Willie Johnson
5.Amazing Grace/Cissy Houston

毎年クリスマスが近づくとブルーズやリズム&ブルーズのクリスマス・ソングをON AIRしているんですが、今日はゴスペルを聴きます。僕はアメリカで一度だけクリスマスの季節を過ごしたことがあるのですが、黒人のラジオステーションからは毎日クリスマスソングと一緒にゴスペルがよく流れていました。
当たり前ですがクリスマスはイエス・キリストの降誕、つまりキリストの誕生をお祝いするキリスト教の最大の催しです。日本ではプレゼント交換して、ごちそう食べて酒飲んでケーキ食べてパーティするみたいなイベント・デーになってしまいましたが、本来は宗教的な意味合いのあることです。

ゴスペル・ミュージックはブルーズと同じように黒人音楽の骨格を作った非常に重要な音楽で、奥深い音楽ですが、もしそういうことを知らなくてもなぜかとても心を奪われる音楽です。
まず、最初はもう生まれ変わったらこの人の声になりたいサム・クック
ものすごく好きです。美しく力強くソウルフルな歌声です。
You Send MeやTwistin’ The Night Awayなどポピュラーな歌を歌う前から超人気のゴスペル・シンガーでした。サムが教会に出ると教会の周りを女の子たちが取り巻いたそうです。
サム・クックがソウル・スターラーズというゴスペル・グループにいた若い頃の清々しい歌声を聴いてください。
1.Touch The Hem Of His Garment/Sam Cooke

実は僕は子供の頃、幼稚園から小学一年生の頃日曜日に教会へ行ってました。正確に言うと両親に「行かされて」ました。たぶん、日曜日に子供に家でワーワー遊ばれているのがイヤで、親が教会へ行ってこいになったと思います。教会もめいわくな話です。その時教会で歌ってた歌で覚えているのが次のWhat A Friend We Have In Jesusという曲で、邦題は「いつくしみ深き」
もちろん日本語の訳で歌ってましたが、その後小学校で今度は「星の世界」というタイトルでちがう歌詞で歌いました。いまでも時々この曲がふと蘇ってきてくちづさんでます。こんな歌詞でした
「かがやく夜空の 星の光よ、
まばたく数多(あまた)の 遠い世界よ
ふけゆく秋の夜 すみわたる空
のぞめば不思議な 星の世界よ
歌詞もいいですが、このメロディがとても好きです
今日はアル・グリーンのゴスペル・アルバム”Precious Lord”から
2.What A Friend We Have In Jesus/Al Green

次はゴスペルの中では超有名曲でゴスペル・シンガーはみんな歌える曲だと思います。Precious Lord,Take My Handですが、ここではHold My Handとなってます。この曲をギターを弾きながらゴスペルを歌って40年代人気者になった女性シンガー、シスター・ロゼッタ・サープで聴いてみたいと思います
歌の内容は「大切な神様、私を導き、立たせてください。私は疲れて、弱って、すり切れてしまってます。嵐の中を、夜の止みの中から光に導いてください。私の手を取って、大切な神様、家に連れてってください」
3.Precious Lord,Lord Hold My Hand/Sister Rosetta Tharpe

キリスト教の伝道師のことをエヴァンジェリストと呼び、ギターを弾いて伝導する人はギター・エヴァンジェリストと呼ばれるのですが、いまのシスター・ロゼッタもそうです。
そして、ギター・エヴァンジェリストとしてもうひとり有名なのがブラインド・ウィリー・ジョンソン
「誰のせいでもない、オレが悪いんだ。家にある聖書をしっかり読まなければ魂は救われない。読まない自分が悪いんだ。誰のせいでもない」
1927年、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの神様に魂も声も捧げたソウルフルなゴスペル・シンギングです。
4.It’s Nobody’s Fault But Mine/Blind Willie Johnson
ブラインド・ウィリーは街角でブルーズを歌うブルーズマンがたくさんいた時代に街角でゴスペルを歌った盲目のエヴァンジェリストでした。清貧と言う言葉はもういまの時代は死語になってしまいましたが、彼はすべてを神さまに捧げ貧しくも強く、立派にゴスペルを歌ってその生涯を閉じました。機会があればフル・アルバム聴いてください。ブラインド・ウィリー・ジョンソン

最後はシシー・ヒューストンの1996年のゴスペル・アルバム”face to face”からこれも”有名なAmaging Grace”
シシー・ヒューストンは亡くなったホイットニー・ヒューストンのお母さんです。若い頃からとても才能のある歌手として評判は高かったのですが、なかなかソロとしては花開かず、エルヴィス・プレスリーやアレサ・フランクリンのコーラスをやっていました。僕が最初に知ったのもアレサのコーラス「スウィート・インスピレーションズ」にシシーが参加している時です。
娘の方が有名になってしまったのですが、シシーは教会で歌っていたらしく1996年このアルバム”face to face”をリリース、グラミーのトラディッショナル・ゴスペル賞を受賞しました。なんと64才での受賞でした。
しかし、その後娘のホイットニーがみなさんもご存知のように48才という若さで急死してからはシシーの話はあまり聞きません。
素晴らしい歌手なので歌って欲しいです
では、最後にシシー・ヒューストン
5.Amazing Grace/Cissy Houston

ゴスペルを聴くのはすごく好きです。アメリカの黒人教会に行った時、あの場で歌われるゴスペルのあの熱気と興奮は忘れられません。そこでは信者でない自分はその輪の中に入れませんでしたが、でも、こうしてゴスペルを聴く時と同じように少し洗われたような気持ちになります。
クリスマスにゴスペル。クリスマスは何かにたくさんお金を使うのではなく、ささやかに今年一年を生きてこられたことを、いろんなことを振り返って家族や恋人、友達と一緒に、いや自分ひとりでも充分ですが、自分で、自分たちでささやかに、つつましく過ごせばよいのではないでしょうか。いいクリスマスを、いい年末を過ごしてください。
I Wish You A Merry Christmas!

2017.12.15 ON AIR

「2017年 今年の思い出」

img01img02img03img04
ON AIR LIST
1.Blow Wind Blow/James Cotton
2.Around And Around/Chuck Berry
3.I Love The Life I Live/Gregg Allman
4.Boom Boom/blues.the-butcher-590213 & ムッシュかまやつ
5,Texas Flood/blues.the-butcher-590213

今年を振り返ると、ブルーズ界にとってはやはりブルーズ・ハーモニカのレジェンド、ジェイムズ・コットンが3月に亡くなったことが大きかったですね。
生まれたミシシッピーを9才の時に離れて憧れのハーピスト、サニー・ボーイ・ウィリアムスンに弟子入りのような形でヘレナに移り、それからメンフィスでデビューそしてシカゴへ・・・その時々でいつも印象に残るブルーズをプレイしてきたジェイムズ・コットン。残された音源は自己名義のものからハウリン・ウルフ、マディ・ウォーターズなどのバックについたものなどかなりの量になりますが、どの時代でもコットンは聞き応えのあるものを残してきた。

最初に聴いてもらうのはマディ・ウォーターズのバックでもいつもパワフルで的確なバックアップをしていたコットンですが、そのマディの曲です。
1.Blow Wind Blow/James Cotton
ハーモニカと歌、ジェイムズ・コットン、ギター、マット・マーフィとルーサー・タッカー、ピアノ、パイントップ・パーキンス、ベース、カルビン・ジョーンズ、ドラム、ウイリー・スミスと文句なしのメンバーでのBlow Wind Blowでした。

ジェイムズ・コットンが亡くなったのが3/16。その2日後18日に今度はロックン・ロールの王様、チャック・ベリーがその90才の生涯に幕を閉じました。ポピュラー・ミュージックの中でほとんど革命に近い音楽をチャックは残し、その恩恵を僕らも受けそしてこれからもたくさんのミュージシャンが受けていくんだと思います。
この番組でも三回に渡ってチャック・ベリーの追悼をやりましたが、今日はその三回でもON AIRできなかったこの曲を
2.Around And Around/Chuck Berry

グレッグ・オールマンが亡くなったことも悲しいことでした。69才でまだまだやれる年齢だったのに残念です。
僕がアフリカン・アメリカン、つまり黒人のブルーズを知るきっかけを作ってくれたのはオールマン・ブラザーズでした。70年代の最初、オールマンの演奏が素晴らしかったこともありましたが、僕にとってはグレッグ・オールマンの歌がよくなかったらオールマンを好きにならなかったし、その後ろにあった黒人ブルーズへも入っていかなかったと思います。
最後のアルバムとなった”Southern Blood”でウィリー・ディクソンのブルーズを歌っています。
3.I Love The Life I Live/Gregg Allman

個人的なおつきあいもしていただいていたムッシュ、ムッシュかまやつさんが亡くなられたのは、いろんな意味でつらいことでした。
音楽的なことを本当にたくさん残された方ですが、一緒にいる時に人としての生き方、人との接し方とかたくさん教えていただきました。自分より年が上で心を開いて接することができる数少ない人でした。少し相談ごとをした時にムッシュから「ホトケさんはブルーズ歌ってそのまま行ってください」と言われたことを大切にしたいと思います。
そして、ムッシュと一緒に作れたアルバム「ロッキン・ウィズ・ムッシュ」はブルーズ・ザ・ブッチャーのそして自分の大切な宝です。
4.Boom Boom/blues.the-butcher-590213 & ムッシュかまやつ
ムッシュ、ありがとうございました。

自分がやっているバンド、ブルーズ・ザ・ブッチャー、今年は6月に結成10周年記念アルバム”Rockin’ & Rollin'”をリリースしました。この番組と同じようにブルーズ・ザ・ブッチャーというバンドも僕の日常の大切なひとつです。
では、今年リリースした”Rockin’ & Rollin'”から
5,Texas Flood/blues.the-butcher-590213