2021.06.11 ON AIR

マリア・マルダーのニューアルバム”Let’s Get Happy Together”がいい!

Let’s Get Happy Together/Maria Muldaur with Tuba Skinny (Stony Plaln)

ON AIR LIST
1.Let’s Get Happy Together/Maria Muldaur with Tuba Skinny
2.He Ain’t Got Rhythm /Maria Muldaur with Tuba Skinny
3.Big City Blues/Maria Muldaur with Tuba Skinny
4.Delta Bound/Maria Muldaur with Tuba Skinny
5.Some Sweet Day/Maria Muldaur with Tuba Skinny

マリア・マルダーという名前を聞いて懐かしく思い出される方もいると思います。1973年の初ソロ・アルバム「マリア・マルダー」とその翌年の「ドーナツ・ショップのウエイトレス/Waitress In a Dounut Shop」でマリア・マルダーは人気になり、「真夜中のオアシス/Midnight at the Oasis」という曲もヒットしました。
マリア・マルダーは55年のキャリアがあり、今まで42枚のアルバムを出して6回グラミーにノミネートされているアメリカを代表するシンガーです。
キャリアの始まりは60年代中頃に「Jim Kweskin & The Jug Band」にヴォーカルとフイドルで参加したのがプロとしての始まりです。67年にバンドが解散してそのバンドにいたギターのジェフ・マルダーと結婚して「ジェフ&マリア・マルダー」として活動を始めました。そのあと離婚するんですがその時の名前を今も芸名として使っているわけです。今回のアルバムはぼくも全く知らなかった「チューバ・スキニー」というバンドとのコラボ・アルバムですが、このバンドはアメリカの古いトラッド・ジャズを演奏しているバンドでルーツ・ミュージック好きのマリアから是非とコラボを依頼したそうです。
まず、アルバム・タイトル曲”Let’s Get Happy Together”
1.Let’s Get Happy Together/Maria Muldaur with Tuba Skinny
曲名通り「私たちは失ったものもあるけど楽しくやりましようよ」という歌で原曲は、ルイ・アームストロングの奥さんリル・ハーディン・アームストロングが1938年に録音した曲です。
リル・ハーディン・アームストロングはピアニストで歌も歌い作曲もしてバンド・リーダーでもあったという才能のあった女性です。

このアルバム”Let’s Get Happy Together”、トラッドジャズあまり知らないのでなじみのある曲がほとんどないのですが、次の曲はビリー・ホリディが歌っているので知ってます。
「彼がどんなに頭のいい男でも業績のある男でも成功して世間からの評判がいい男でもリズムがなかったらつまらん男よ。家で1人で本を読んでるようなさみしい男よ」多分楽しくない男という意味だと思います。ファンキーじゃないというか・・。
2.He Ain’t Got Rhythm /Maria Muldaur with Tuba Skinny
最初のクラリネットの音がなんともいいですね。
僕はマリアがデビューした頃よく聴いていたのですが、70年代終わり頃からずっとご無沙汰していて90年代にぼくがニューオリンズへ行き始めた頃に「ルイジアナ・ラブ・コール」というニューオリンズで録音したいいアルバムを彼女がリリースした頃からまた彼女を聴きはじめました。それからはリリースされるアルバムもほとんど聴いているのですが、マリアはずっとこういうトラッド・ジャズとか、ジャグ・ミュージックとかルーツ・ミュージックが好きで変わらないところがいいです。

今回アルバムで気に入ったのが1929年にアネット・ハンショウという女性シンガーが歌った次の歌。
「今日は感謝祭の夜なのでみんなどこかへ行ってしまう。私の気持ちなんて誰にもわからない。みんな通り過ぎていく。なぜなの・・」大都会(Big City)に1人で住む女性の寂しい気持ちを歌った曲です。
3.Big City Blues/Maria Muldaur with Tuba Skinny
初めて聴いたのですが、懐かしい、切ない感じがするいい曲ですね。

このアルバムでマリア・マルダーとコラボしたチューバ・スキニーについて。
ニューオリンズのバンドです。トラッド・ジャズという1920年代30年代の古いジャズを演奏するバンドでストリートでも演奏してます。ストリートの方が多いのかな?完全なプロではなく多分他の仕事をしているメンバーがほとんどだと思います。
使われている楽器がコルネット、クラリネット、サックス、トロンボーン、チューバ、バンジョー、ギター、フィドル、アコーディオン、ハーモニカ、ウォッシュボードなどでバンド結成されて10年ほど経っています。ライヴ映像を見るとコルネットの女性が演奏の合図を出しているのでこのシェイ・コーンという方がバンマスだと思います。
このアルバムをリリースした記念のライヴ映像がYou Tubeに上がっているので是非見てください。
こちら→https://www.youtube.com/watch?v=Bm0yUQf5Gms&t=7s
あとチューバ・スキニーだけの映像もYou Tube に上がっています。面白いのはストリートで演奏している時にメンバーの1人が遅れてきて途中から楽器をセッティングしてすぐ演奏に加わる・・そんな様子も見れます。
次の曲はオリジナルは1932年に有名なジャズの巨匠デューク・エリントンが彼のオーケストラで女性ヴォーカルのアイビー・アンダーソンを迎えて録音した曲です。
4.Delta Bound/Maria Muldaur with Tuba Skinny

こういうトラッド・ジャズという音楽を僕も詳しくはないのですが、ファンキーで音の肌触りが優しい感じで肩の力が抜けていいです。
このアルバムを最近よく聴いていて、チューバ・スキニーの映像もYou Tubeで時々見ているのですが、なんかメンバーがたくさんいる時もあればメンバーが代わっている時もあって、街のストリートで演奏している様子なんかのんびりしていてすごくいいです。必死にプロでやっていくという感じもなくセミ・プロというか・・でも出しているサウンドは素晴らしいです。
それからマリア・マルダーは好きな音楽がずっと変わらず歌っているのがいいですね。年を重ねて少し声が低くなりましたが、それもまた味になっていていいです。
では最後にもう一曲
5.Some Sweet Day/Maria Muldaur with Tuba Skinny

今回のアルバムは日本のBSMFレコードからリリースされています。
マリア・マルダーが偶然チューバ・スキニーのアルバムを聴いて感動してマリアからコラボを申し出たそうです。若い人たちがこういうトラッド・ジャズをしっかりやっていることがマリアは嬉しかったんでしょうね。マリアも77歳になりますが、まだまだ歌えるしアルバムも出してまた日本にも来て欲しいです。
アルバム情報は番組HPをどうぞ。Let’s Get Happy Together/Maria Muldaur with Tuba Skinnyでした。

2021.06.04 ON AIR

私が愛する異彩を放つソウル・シンガー、O.V.ライトの魅力

Eight Men And Four Women / O.V.Wright
(The Complete Recorded Works By The Boss Of Southern Soul For Backbeat And ABC Labels / P-Vine PCD7303-07)

ON AIR LIST
1.That’s How Strong My Love Is / O.V.Wright
2.Why Don’t You Believe Me / O.V.Wright
3.Eight Men And Four Women / O.V.Wright
4.You’re Gonna Make Me Cry / O.V.Wright
5.If It’s Only For Tonight / O.V.Wright

数多いるソウル・シンガーの中でも私が格別に好きなO.V.ライト。どうしても彼のことを残しておきたくて先日ぼくが連載を書いている「ブルース&ソウル」という音楽雑誌に彼のことを書きました。書きつくせなかったんですけどね。そして、文章で書くのも大切なんですが、やっぱり彼の歌を聴いてもらいたい。
1939年テネシーに生まれている。ソウル・ミュージックが花開いた60年代のオーティス・レディングやウィルソン・ピケット、ソロモン・バークなどと同年代。そして多くのソウル・シンガーと同じでその歌の出発は教会のゴスペル。「サンセット・トラベラーズ」ほかゴスペル・グループで歌っていたO.V.は10代からゴスペル界では才能のある歌手として高く評価されていた。
ゴスペルからソウルに転身して歌った最初の曲はメンフィスのマイナーレーベル「ゴールド・ワックス」から1964年にリリースされた”That’s How Strong My Love Is” 。
恐らく彼は尊敬していたサム・クックがゴスペルから転身して成功したような夢を見ていたと思う。しかし、翌年「スタックス・レコード」がオーティス・レディングにこの歌を歌わせてO.V.を遥かに上回る大ヒットとした。私はオーティスのバージョンよりも明らかにO.V.のバージョンの方がいいと思っている。驚いたのは今の”That’s How Strong My Love Is”のデモテープは最初スタックスレコードに持って行ったのだが、スタックスは「ゴスペルが強過ぎる」つまりO.V.の歌のゴスペル・テイストが強過ぎると言って録音しなかった。スタックスのような黒人音楽を出している、しかもゴスペルのれーべるも持っているレコード会社が「ゴスペルが強過ぎる」なんて言うんですね。ゴスペルは黒人音楽のルーツだから黒人シンガーのゴスペルテイストが強いなんていうのは当たり前で、今聞いても格別ゴスペルテイストが強いとは思えないんですがね。
オーティスはすでに”These Arms Of Mine”のヒットもだしていたし、スタックスはゴールドワックスよりもプロモーションの力が強かったこともあり、O.V.のオリジナルはあまりラジオなどでも流されなかった。
「もし、私が空に登る太陽なら愛する君とどこにでも行くだろう。もし、私が太陽が沈んだ後の月ならまだ君の周りにいることを知ってもらうよ。私のこんなにも強い愛、私のこんなにも強い愛」

1.That’s How Strong My Love Is / O.V.Wright
ゴスペルという大きな樹の周りをブルーズが靄のように取り囲んでいるように思える曲です。これはすごく売れなかったけどソウルの名曲、名唱だ。
この時代の黒人音楽の最大のスターはサム・クックで、O.V.もサムに憧れて成功を夢見ていた。そしてサンセット・トラベラーズのマネージャーだったルーズヴェルト・ジャミソンと一緒にソウル界へ入ることを決めたわけですが、そのサンセット・トラベラーズがレコード契約していたのがテキサスのデューク・レコード傘下のピーコック・レコードだった。それでその社長であるドン・ロビーがうちと契約しているのにゴールド・ワックスと契約するのは違反だと言い始め、O.V.はゴールドワックスへ移籍することができなかった。それで仕方なくドン・ロビーのバック・ビートというレーベルから録音しはじめる。
私が最初に聞いたO.V.はそのバック・ビート時代のシングルを集めた1968年リリースのアルバム”(If It Is) Only For Tonight”に収録されている次の曲だった。
2.Why Don’t You Believe Me / O.V.Wright
この曲がレコード店で流れていてなんかすごくいいなぁと思って見たら、前から名前だけは知っていたO.V.でその場でアルバムを買った。
「こんなに愛しているのにどうして信じてくれないのか」
このアルバム”(If It Is) Only For Tonight”の一曲目に入っているのが”Eight Men And Four Women”という曲なのですが、マイナーの寂しげなコーラスから始まるこの歌が最初はあまりいいとは思えなかった。
そもそもタイトルのEight Men And Four Womenが何を意味してるのかわからなかった。しばらくしてアメリカの裁判の陪審制度の陪審員が全部で12人というのを思い出しただからこれは男8人女4人が陪審で、不倫の愛を裁くという歌ですが、まあ実際の裁判ではなく陪審員はいわゆる世間のことだと思います。日本でも有名人なんかが不倫をするとテレビやマスコミそして世間が徹底的に叩く風潮がいいまありますが。
この歌の中の男はこれは不倫の愛だけどお互いに愛し合ってる本当の愛なんだと訴えてる歌です。切羽詰まっている二人の気持ちをO.V.はリアリティを持って歌っています。こういう重いソウルを歌えるのがO.V.ライトです。
3.Eight Men And Four Women / O.V.Wright

O.V.は「自分の歌っている歌はすべてゴスペルから来ている」とインタビューで語っているように歌を歌う精神的な拠り所はやはりゴスペルで、そのあたりはアレサ・フランクリンなどに似たところがあるように思います。
最初に話したオーティス・レディングはロックンロールのリトル・リチャードの影響が大きいのですが、O.V.が影響を受けた歌手はゴスペル・シンガーが多く、唯一サム・クックを好きな歌手に挙げてますが、そのサムも終生ゴスペルから離れることはなかった歌手です。そして次の曲のようにゴスペルにブルーズがうまくミックスされたときにO.V.の本領が発揮されます。
「お前はオレを泣かせる。オレの心を引きちぎる。頼むからオレを泣かせないでくれ。心を壊さないでくれ。愛は幸せを運んでくる。そして愛は悲しみを運んでくる。愛は今日ここにいるけど明日にはいなくなる。」
4.You’re Gonna Make Me Cry / O.V.Wright
このアルバム”(If It Is) Only For Tonight”に収録されているO.V.の60年代半ばの歌にはやはりサム・クックの影響を感じます。
ただO.V.の歌声はサムほどスイートではない。ゴスペルの厳しさみたいなものが声の中にあり毅然とした感じがします。
次の歌も甘いバラードですが、ビター・スイートなどこかに苦さがあり甘すぎない歌です。サム・クックの影響が歌い方の随所にあります。
「オレは君の腕の中にいて今はだれもいない。君も知ってるようにオレには他に女がいるが、でも君といることが正しいと思える。
待ちわびた君のキス、強く君を抱きしめる。ダーリン、愛してると言ってくれ、例え今宵だけでも」
5.If It’s Only For Tonight / O.V.Wright
こういう歌を聴いていると胸がいっぱいになります。優しくて悲しくて・・・何でしょうね、自分の今までのいろんな風景、光景が浮かんで来たりする曲です。
予備:Don’t Want To Sit Down
次回もO.V.ライト特集するのですが、素晴らしい歌手なのにもっともっと知られていい歌手なのに・・といつも思っているんですよ。
しばらく間を置いてまたO.V.ライトをON AIRしたいと思います。月に一回くらいかな・・。