2019.11.08 ON AIR

カントリー&ウエスタン・ミュージックの聖地ナッシュヴィルにもブルーズはあるんやで・・の巻

Let Me Tell You About The Blues Nashville(FANTASTIC VOYAGE FVTD078)

img

ON AIR LIST
1.Nashville Jumps/Cecil Gant
2.Beer Bottle Boogie/Mr Swing (Rufus Thomas)
3.Don’t Do It/Christine Kittrell
4.Baby Let’s Play House/Artthur Gunter
5.Courtin’ In A Cadillac/Jerry McCain

みなさんはアメリカのナッシュヴィルという街をご存知でしょうか。僕も行ったことがないのですが、メンフィスと同じテネシー州にあってメンフィスが黒人音楽のブルーズやR&Bの街ならナッシュヴィルは白人の音楽、カントリー・ミュージックの聖地と言ってもよいカントリー・ミュージックが盛んな街で「グランド・オール・オプリー」という1925年から始まったカントリー・ミュージックのラジオ番組がいまも続いています。
だからテネシー州には白人の音楽と黒人の音楽の中心となった大きな街がふたつあるわけです。
僕のような黒人音楽好きはやはりメンフィスに気持ちが動きますが、今日聴くアルバムは「いやいや、ナッシュヴィルにもブルーズはあるんやで」ということでアルバムタイトルが「ナッシュヴィルのブルーズについてしゃぺらしてくれや」”Let Me Tell You About The Blues Nashville”というものです。
CD三枚組全75曲でずっしり聞き応えがあります。

そのトップに収録されているのが、ピアニストのセシル・ギャント。”I Wonder”という曲が1944年に大ヒットしてその名を知られるようになった人ですが、ウエストコーストで活躍していましたが、元々ナッシュヴィル生まれのミュージシャンだったんですね。”I Wonder”はスローブルーズですが、セシル・ギャントは甘いバラードからブギからジャイヴ、ジャンプまで幅広くいろんなピアノが弾ける名人です。
今日はこのアルバムのナッシュヴィルということでNashville Jumpsという彼のピアノの素晴らしさがわかる曲から
1.Nashville Jumps/Cecil Gant
リズムを繰り出すピアノの左手の重量感のある安定したグルーヴと、右手のタッチの強さもわかる多彩なオブリガードと見事なソロ。完璧です。このピアノひとつで踊れます。

ブレット・レコードいうレコード会社が1946年にナッシュヴィルに出来てそこからブルーズ、R&Bのミュージシャンの録音が始まりその最初に録音されたのが、いまのセシル・ギャント。最もやはりカントリー・ミュージックが強い土地なのでブレットはカントリーもリリースし、ゴスペルも出していました。
他にも当時のナッシュヴィルにはJ-Bとかテネシーというレーペルがあり、やがてブルーズ・ファンにはおなじみのエクセロというレコード会社が始まります。この3枚組CDの半分からあと。1953年くらいからざぁーっとエクセロで録音されたミュージシャンが出てきます。
テネシーの州都でもあるナッシュヴィルはカンバーランド川の川沿いにあり、古くから交易の要所で産業、商業が栄えた街で当然音楽も栄えたというわけです。

このアルバムには1940年代半ばから50年代半ばまでのナッシュヴィルで録音されたブルーズが収録されているのですが、CDの一枚目はいまのセシル・ギャントのようなピアニストが多いです。
2.Beer Bottle Boogie/Mr Swing (Rufus Thomas)
しっかりオーケストラ・アレンジされたジャズ・ジャンプ・ブルーズでのちに60年代にR&Bでダンス・ミュージックを70年代にファンク・グルーヴでダンス・ミュージックでみんなを踊らせた男、ルーファス・トーマスは40年代からすでにジャンプでみんなを踊らせていたと思うと・・めちゃすごいですね。この当時の芸名がミスター・スウィングですから、偉大ですルーファス・トーマス!

このアルバムを最初ざっと聴いている時に「ああ、この人の声が好き」と思ったのが次の女性シンガー、クリスティ-ン・キットレル
僕も初めて聴く女性シンガーで調べたら、ナッシュヴィルのローカル・シンガーで地元のレーベル「テネシー」に録音もしていて、人気があったのかニューオリンズあたりまでツアーに行ったり、1951年にはブルーズシンガーの大スター、ビッグ・ジョー・ターナーのバンドのツアーにも参加していたらしい。
3.Don’t Do It/Christine Kittrell
なんとも言えないキュートな歌声だと僕は思うのですが、いかがでしょう。アメリカの落ち着いたクラブでウィスキー飲みながらこういう女性シンガー聴きたいですね。
途中のサックス・ソロの音色もよかったです。しっかりアレンジされているけど窮屈な感じがしない、いいアレンジってそういうものだと思います。
今日聴いているようなコンピレーション・アルバムを聴く楽しさというのは、自分が知らなかったいまのクリスティーンのようなシンガーに出会えるということで、たった一曲でもそういう曲に出会えるというのは大切なことだと思います。なぜなら、そこからまた違う音楽に自分の音楽のフィールドが広がっていくわけですから。
次のブルーズマンは知ってます。アーサー・ガンター、なんか名前がゴツゴツしてますが、演奏は軽快でナッシュヴィルのせいかちょっとカントリー・ミュージックテイストもあります。これはエルヴィス・プレスリーがカバーして有名なった曲なんですが、プレスリーもそのカントリー・テイストを感じて選んだのかも知れません。
4.Baby Let’s Play House/Artthur Gunter
1954年のこのアーサー・ガンターあたりからそれまでとはちょっと色合いの違うイナタイブルーズが出てくるのですが、ナッシュヴィルと言えばブルーズ、R&Bで有名なエクセロというレコード会社がこの頃からリリースを始めます。正確に言うとエクセロが設立されたのは1953年。テネシーだけでなく、アラバマやルイジアナのブルーズもリリースするようになり、50年代の終わりにはエクセロの看板ブルーズマン、ライトニン・スリムとかレイジー・レスター、スリム・ハーポが活躍しました。
最後にアラバマのブルーズマン、私個人的に大好きなブルーズマン、ジェリー・マッケインを。南部のワイルドなサザン・ビートに乗った彼の歌うブルーズが風を切っているみたいで男らしく清々しい。
5.Courtin’ In A Cadillac/Jerry McCain

今日聴いたこの3枚組のLet Me Tell You About The Blues Nashvilleはまだレコード店とかネットにあると思うので興味のある方は是非。ホームページにジャケット写真とデータも出してますので見てください。
ナッシュヴィルはギブソンというギターメイカーがある街でもあり、他のギターメイカーもあるし、音楽の街なので一度行ってみたいと思っています。
今日は40年代半ばから50年代後半のナッシュヴィルのブルーズをコンピレーションしたアルバムLet Me Tell You About The Blues Nashvilleを聴きました。

2019.11.01 ON AIR

永井ホトケ隆が選ぶブルーズ・スタンダード曲集 vol.2
戦前シカゴ・ブルーズ

The King Of Chicago Blues Piano / Big Maceo (ARHOOLIE CD-7009)

The King Of Chicago Blues Piano / Big Maceo (ARHOOLIE CD-7009)

Farher Of Blues Harmonica / Sonny Boy Williamson (Golden Stars GSS-5431)

Farher Of Blues Harmonica / Sonny Boy Williamson (Golden Stars GSS-5431)

Warm Witty & Wise / Big Bill Broonzy (SME Record SRCS9461)

Warm Witty & Wise / Big Bill Broonzy (SME Record SRCS9461)

ON AIR LIST
1.Worried Life Blues/Big Maceo
2.Chicago Breakdown/Big Maceo
3.Good Morning Little School Girl/Sonny Boy Williamson
4.Early In The Morning/Sonny Boy Williamson
5.Key To The Highway/Jazz Gilum

前回から始めた「ブルーズ・スタンダード曲集」の二回目です。
僕も含めてですが、長い歳月ブルーズを聴いているとブルーズの有名なスタンダード曲はわかっていると思ってることがあります。
でも、自分も年を重ねるうちにひとつの曲の気づかなかった側面を知ったり、なぜその曲が長く多くの人に親しまれているのかがわかったり、その曲が生まれた経緯を理解したり・・ということがあります。
今日もON AIRする曲を知っている人もいると思いますが、いま一度この番組を通して聴いてみてください。
そして、初めて聴く人はもし気に入ったならそのブルーズマンのアルバムをゲットして聴いていただきたいです。
まあ、基本的に音楽に分類分けなんかどうでもいいのですが、自分の好きなブルーズを探すときの目安としてその分類をちょっと知っておくと便利です。
ブルーズという音楽の中でロックにも大きな影響を与えた戦後のエレクトリック・シカゴ・ブルーズから前回始めましたが、今回は「戦前」のシカゴ・ブルーズからスタンダードな曲を紹介します。
まずはブルーズのスタンダード曲に選ばれるのにふさわしいブルーズの名曲です。
彼女にフラれてしまい傷ついた男が「でも、いつの日かこれ以上苦しむことのない日が来るだろう」と歌っているのですが、そのいつの日かというのは死を意味していると思います。生きていく中で、失恋や別離や失敗をしてもいつの日かあの世に行くのだから、その日にはもう苦しみはなくなるんだという考え方に聴いていた多くの黒人たちは共感したのだと思います。
1.Worried Life Blues/Big Maceo
1942年録音。歌詞、曲としても素晴らしいですが、メイシオのピアノ・スタイルはのちのシカゴ・ブルーズのピアニスト、オーティス・スパンたちに引き継がれていきました。
ギターのタンパ・レッドのスライド・ギターも素晴らしいです。名曲であり名演です。

もう1曲ピッグ・メイシオで忘れられない曲でこのインストルメンタル曲もブルーズの名曲名演のひとつに入れてもいいと思います。左手でステディにグルーヴするブギ・ウギのリズムを強烈に打ち出しながら、右手で縦横無尽に繰り広げられるソロ。ブギウギ・ピアノの楽しさ満載の一曲。
1945年録音、チック・サンダースというドラマーとデュオです。
2.Chicago Breakdown/Big Maceo
パーティやクラブのダンスナンバーとして欠かせなかったブルーズのブギウギ曲。こういう曲でピアニストたちは技、テクニックの競い合いをしてたわけです。

次は後続のブルーズ・ハーモニカ・プレイヤーに大きな影響を与えたサニーボーイ・ウィリアムスン。いつも言ってますが、有名なサニーボーイ・ウィリアムスンはブルーズにふたりいます。しかもふたりともハーモニカ・プレイヤー。ふたりとも素晴らしいブルーズマン。ややこしいです。ひとりはこれから聴いてもらうジョン・リーウィリアムスン、もうひとりはライス・ミラー。先にシカゴにいて先に有名になったのがジョン・リー・ウィリアムスンの方なのでサニーボーイ1と呼ばれ、ライス・ミラーがサニーボーイ2と呼ばれています。どちらもブルーズにとっては重要なミュージシャンです。今日はそのサニーボーイ1のブルーズ・スタンダード・ナンバー。
「おはよう可愛い女子学生。僕と一緒に帰らへんか。パパとママには学校の友達やって言うたらええやん」と始まるんですが、これ・・おっさんが女子学生を誘ってる歌詞でいまやったらかなりヤバいんちゃいますか。続けて「彼女になってくれた、ダイヤの指輪買うたるで」ってこれ援交の歌ですね。1937年のアメリカではOKやった・・というかその後もマディ・ウォーターズ、ジュニア・ウエルズ、ライトニン・ホプキンス、ロックのヤードバーズ、ジョニー・ウィンター・・とかなりのカバーがあるんですが・・内容的にOKなんでしょうか。それとも、おっさんが可愛い女の子を可愛いなぁ、なんでも買ってやるよ・・・くらいの軽い歌なんでしようか。45年聴いていてもいまだに真意がはっきり分からない歌です。
3.Good Morning Little School Girl/Sonny Boy Williamson
アンプを通していない生のハーモニカの音の素朴な美しさがあっていいですね。ギターもアコースティックでひとりがジョー・ウィリアムス、もうひとりがロバート・リー・マッコイです。

次の曲は僕にとっては想い出深い曲で、最初に聴いたのはジュニア・ウエルズがアルバム”Hoodoo Man Blues”でカバーしたものでした。この曲が好きでいつか録音したいと思って録音できたのが、ウエストロード・ブルーズバンドの「ライヴ・イン・ニューヨーク」のアルバムでした。最初に出てくるインパクトのあるピアノはさっき聴いたビッグ・メイシオ。ギターが名手タンパ・レッド。チャールズ・サンダースのドラム。そしてハーモニカと歌のサニーボーイ・ウィリアムスン
4.Early In The Morning/Sonny Boy Williamson

いま聴いたサニーボーイ・ウィリアムスンとコンビも組んでいたのがビッグ・ビル・ブルーンジー。ビッグ・ビルはいろんなスタイルのギターを弾ける名人で自分のレコーディング以外にもレコーディング・ミュージシャンとしても活躍して、ミシシッピーからシカゴに来た多くのブルーズマンの中でも成功した人でした。そして、その後南部から出てきた後輩のマディ・ウォーターズなどの面倒もよく見た人格者でもありました。
とにかくたくさんの録音を残した人ですが、次のジャズ・ジラムの超有名8小節ブルーズもギターがビッグ・ビルです。彼のギターがこの曲の色合いというか、装飾をうまく作っていてすごく印象に残ります。
この曲もエリック・クラプトンはじめ多くのカバーがある誰もが認めるスタンダード曲だと思います。
5.Key To The Highway/Jazz Gilum

前回から始めた僕が選ぶブルーズ・スタンダード曲集ですが、まだまだたくさんのスタンダード曲があるので続けてではなくて何回にも分けてON AIRします。