WHAT'S NEW

2017.01.20 ON AIR

激動の60年代ブリティッシュ・ブルーズロック vol.1

Alexis Koner(Blues Incorporated)

Alexis Koner(Blues Incorporated)

Bluesbreakers With Eric Clapton/John Mayall & The Blues Breakers

Bluesbreakers With Eric Clapton/John Mayall & The Blues Breakers

Hard Road//John Mayall & The Blues Breakers

Hard Road//John Mayall & The Blues Breakers

 

ON AIR LIST
1.She Fooled Me/Blues Incorporated
2.Hideaway/John Mayall & The Blues Breakers
3.All Your Love/John Mayall & The Blues Breakers
4.Someday After A While (You’ll Be Sorry)/John Mayall & The Blues Breakers
5.Looking Back/John Mayall & The Bluesbreakers

昨年末のローリング・ストーンズのブルーズカバー・アルバム”Blue And Lonesome”のリリースから、僕の周りでは再び60年代のブリティッシュ・ブルーズのことがよく話題になる昨今です。それで60年代ブリティッシュ・ブルーズロックをしばらく特集してみようかなと思ってます。

いつも60年代ブリティッシュ・ブルーズロックの話となるとローリング・ストーンズやヤードバーズあたりから話を始める人が多いのですが、実はイギリスのブルーズの父、またはヨーロッパのブルーズのゴッドファーザーと呼ばれているアレクシス・コーナーを忘れてはいけない。
イギリスのブルーズの先駆けとして有名な「ブルーズ・インコーポレイテッド」というバンドをつくり、そこにはのちのストーンズのドラムになるチャーリー・ワッツやクリームのドラムになるジンジャー・ベイカー、ベースのジャック・ブルースが参加していました。そして、彼が作った“イーリング・ジャズ・クラブ”というクラブには夜な夜なミック・ジャガーやキース・リチャーズが現れてはセッションし、そんな中からローリング・ストーンズはじめイギリスのブルーズ好きの若者が育っていきました。つまり、ブルーズという音楽を演奏する土台のようなものをアレクシス・コーナーは作ったわけです。
She Fooled Me/Blues Incorporated

アレクシス・コーナーのブルーズに対する情熱を受け継いでいったのが、ジョン・メイオールだと思う。ジョン・メイオール&ブルーズブレイカーズはイギリスのブルーズの広まりとその後のブルーズロックの誕生にとても大きな役割を果たしたバンドでした。66年リリース、ジョン・メイオール&ブルーズブレイカーズの代表的なアルバム”Bluesbreakers With Eric Clapton”より一曲。
エリック・クラプトン21才のギター・プレイです。
Hideaway/John Mayall & The Blues Breakers
オリジナルは61年リリースのフレディ・キングですが、当時のクラプトンのアイドルは間違いなくフレディだったでしょう。

アルバム”Bluesbreakers With Eric Clapton”は1966年のリリースで、実はその年にシカゴのブルーズマンたちがイギリスに公演に行ってるのですが、その中にオーティス・ラッシュもいました。ジョン・メイオールやクラプトンはその時、ラッシュの演奏聞いたのかも知れません。次はそのオーティス・ラッシュのカバーです。クラプトンは21才と思えないキレキレのギターを弾いてます。
All Your Love/John Mayall & The Blues Breakers

クラプトンがブルース・ブレイカーズにいたのはわずか半年くらいだったのですが、この残されたアルバムはブリティッシュ・ブルーズを代表するアルバムとして聞き継がれるものになりました。そして、クラプトンのあとにギターで参加したのがこれまた才能あふれたピーター・グリーン。まだ20才でした。彼が参加した”Hard Road”というアルバムも優れた一枚です。
Someday After A While (You’ll Be Sorry)/John Mayall & The Blues Breakers
ピーター・グリーンの鋭いギター・ワークが気持ちいいですね。

ヤードバーズ時代に「クラプトンは神だ」と言ったロンドンの若者たちがいたそうですが、ブルーズ・ギターリストという観点から聴くとピーター・グリーンの方がブルーズの匂いがあり、ピーターの方が好きだという人も多いです。僕の印象で言うとクラプトンは非常にきれいな、美しいブルーズギターを弾く人で、ピーターはよりオーセンティックなディープなブルーズギターを弾く人です。
もう一曲ピーター在籍のブルーズブレイカーズを。
Looking Back/John Mayall & The Bluesbreakers

2017.01.13 ONAIR

「50年代半ば充実していくB.B.キングのブルーズ」
The Complete RPM/Kent Recording Box 1950-1965 [CD 4: Sweet Little Angel 〈RPM 451 – Kent 307〉]
img01
ON AIR LIST
1.Crying Won’t Help You/B.B.King
2.Sweet Little Angel/B.B.King
3.On My Word Of Honor/B.B.King
4.I Need You So Bad/B.B.King
5.Troubles Troubles Troubles/B.B.King

 

 

 

 

2015年12月にリリースされたB.B.キングの1950年から65年の15年間に残したRPM&ケントレーベルの音源17組CDボックスから、今日は”Sweet Little Angel”とタイトルされた4枚目を聴きます。このアルバムの頃、デビューから5年が過ぎてB.B.は30才から32才。心技体とも充実の時期。
まずは先達タンパ・レッドのカバーから「どこへ行こうが、何をしょうが、何を言おうが、自分撒いた種は自分で刈るんだよ。もう泣いたってどうしょうもないよ」相手の女にずっとひどい目に合わされて今更泣いたってあかんよと女を突き放したブルーズ
1.Crying Won’t Help You/B.B.King
最後に「ホォ!」って声が出たB.B.ですが、やはり気持ちのノッたいいテイクだったんでしょう。ファルセットの自然な使い方と言い、情感の盛り上がりといいやはり並の歌手ではないです。デビューの頃はT.ボーン・ウォーカーの影響を強くうかがわせたギターも、チョーキングを巧みにまじえた自分のスタイルをほぼ確立した時期で歌、ギターともに素晴らしいです。

次はB.B.を代表する1956年の大ヒット曲です
「俺にはかわいい天使がおるんよ。彼女が羽根を広げるのを見るんが好きなんや。その羽で包まれると、めっちゃ幸せなんよ。彼女に5セントくれへんか言うたら、25ドルもくれたんや。彼女と別れたら俺は死んでまうよ。もう愛してへんって言うんやったらその理由を言うてくれや」羽根を広げるというところを妄想するとちょっとセクシーな意味なのかな・・ともおっさんは思います。
Sweet Little Angel/B.B.King
看板曲となったこの曲をB.B.は生涯大切に歌っていたと思います。グラミーを穫った”The Thrill Is Gone”もそうですが、B.B.は自分を有名にしてくれた曲、自分の世界を広げてくれたヒット曲に対して心からありがたいと思っていて大切にしていました。

次はB.B.キングがブルーズ・シンガーとして素晴らしいだけでなく、普通にポップ・シンガーとしても成功しただろうと思える彼の歌唱力がわかる曲です。
On My Word Of Honor/B.B.King
レコード会社は歌唱力のあるB.B.をバラード・シンガーとして売ろうとしたフシがありますが、そういう要求を受け入れながらも自分のブルーズを失わなかったところがミュージシャンとして素晴らしいところです。それにしても下手に歌うとただの陳腐なバラードになってしまうような曲を、彼はソウルフルに自分の想いを込めて立派に歌っています。

次の曲、僕はマジック・サムのアルバム「ウエストサイド・ソウル」で聴いたのが先やったと記憶しています。でも、B.B.なんですね最初は。これ歌ったことあるんですが難しい曲です。B.Bは意外とサラっと歌ってます。マジック・サムはもうすこし熱い感じで歌ってます。どっちもいいです。
I Need You So Bad/B.B.King
この50年代半ばにB.Bはヒット曲を出しながら、与えられた曲もこなし、ツアーも毎日のように繰り返していて本当に忙しい時期だったと思いますが、あとから見るとこの時期に末永くブルーズの王者として君臨する蓄積を獲得していたんだとわかります。

「トラブル、トラブル、トラブル・・ああこの世の中はやっかいなことばっかや。時々思うんやけどこれから先オレに何が起こるんやろ」いいことばかりではなく、ビジネス的なことや、いいメンバーの獲得、そして離婚も何度かしたB.B.もトラブルはたくさんあったのでした。
Troubles Troubles Troubles/B.B.King

またこの素晴らしい音源が詰まったボックスを聴きたいと思います!
I Miss You,B.B.

2017.01.06 ON AIR

HAPPY NEW YEAR  2017
img01

img02

img03

img04
ON AIR LIST
1.Mannish Boy/Muddy Waters
2.How Blue Can You Get/B.B.King
3.Rocket 88/The James Cotton Band
4.Party Girl /T.Bone Walker
5.Mama He Treats Your Daughter Mean/Ruth Brown

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。
新年から直球ですが、正月のテレビってほんとに面白くないですよね。たぶん45年前もそんなことを言ってたんだと思います。その45年前に僕の人生を揺るがす大きなことがテレビでありました。
NHK・TVで「いまのシカゴ黒人とブルーズ」みたいな番組を新聞でみつけて、まあ暇つぶしに見たわけです。それはイギリスのテレビ局BBCが作った番組だったんですが、ドキュメント番組でいまは「シカゴ・ブルーズ」というタイトルでDVDで発売されてます。その番組は社会、政治的にその時代のアメリカ黒人の現状をリポートするものでしたが、途中で急にシカゴのクラブのシーンになりマディ・ウォーターズが歌っているシーンが出てきました。その時、それまで好きだったロックでは感じたことのない衝動が自分の心の中で生まれました。でも、それを言葉で言い表すのは45年経ったいまでも難しいものです。そして、しばらくするとバディ・ガイ、ジュニア・ウエルズ、 J.B.ハットーなどが登場しブルーズマンが歌うシーンを初めてしっかり見ました。
それがブルーズに惹かれた最初のきっかけでした。それからブルーズのレコードを探し始め、自分でも歌いたいという気持ちになったのでした。
正月になるといつもその時のことを想い出します。
今年も年の最初はそのマディをガツンと聴いて「ブルーズ初め」にします。
1955年ハーモニカ、リトル・ウォルター、ギター、ジミー・ロジャース、ドラム、フランシス・クレイ、ベース、ウィリー・ディクソン
鉄壁のシカゴ・ブルーズ!
Mannish Boy/Muddy Waters

それまでロックを歌っていた自分の音楽的な柱をブルーズにするきっかけがマディならブルーズと歩む運命を決定的にしたのがB.B.キングでした。初めてマディを聴いてブルーズの底なし沼に足を突っ込んでたった1年でB.B.キングのコンサートの前座に出ないかと話が来たのは、いまでも夢のようです。最後に一緒にセッションにも誘われたその時のB.B.と彼のバンドから受けた音楽的な衝撃は、僕の人生を変えてしまうのに充分なインパクトでした。前座をやらせてもらった前の年1971年にリリースされたライヴ・アルバム”Live In Cook County Jail”から
How Blue Can You Get/B.B.King

アメリカに行ってブルーズをもっと生で聴きたいという欲求が高まって、レコーディングした金やライヴの金を貯めて初めてアメリカへ・・1975年。その時ロスで観たのが、当時バリバリのファンク・ブルーズをやっていたジェイムズ・コットン。
1974年リリース、ファンク・ブルーズの名盤”100%コットン”から
Rocket 88/The James Cotton Band

初めてアメリカに行った同じ75年にT.ボーン・ウォーカーは亡くなっていて残念ながら彼のライヴを見ることはできなかった。
そのTボーンの1968年リリース。 ギターにメル・ブラウン、ドラムにポール・ハンフリーなど腕達者なバックが入りアルバムの”Funky Town”というタイトルどおりファンキーなテイスト。30年代から活動しているT.ボーンが60年代終わりの16ビート・ファンキー・グルーヴにうまくハマっているところが素晴らしい。
Party Girl /T.Bone Walker

初めてのアメリカで黒人街に行くのは最初怖かったのですが、どうしても観たいライヴがほとんど黒人街なので勇気を奮い立たせて行きました。すると、ストリートを歩くのは怖い時もあったけど、クラブに入るとお店の人とか話しかけてくる人が親切で優しくて、僕は白人のクラブにいるより居心地は良かった。そんなロスの黒人街ワッツのクラブで観たルース・ブラウンは圧倒的でした。その数年後に彼女にインタビューできたのもいい思い出です。
Mama He Treats Your Daughter Mean/Ruth Brown

今年もよろしくです。今回は新年のご挨拶がてら僕がブルーズを好きになった頃の曲を聴きました。
Hey!Hey!The Blues Is Alright!

2016.12.30 ONAIR

今年心に残ったアルバム、曲

img01

img02

img03

img04

img05

ON AIR LIST
1.If It’s A Light/Mavis Staples
2. Need You Tonight/Bonnie Raitt
3.Come Rain Or Come Shine/Bob Dylan
4.Night Time Gardener/Bobby Rush
5.I Pity The Fool/blues.the-butcher-590213

 
今年最後のON AIRです。1年が過ぎるのが本当に早くて、この番組も放送開始から9年が過ぎました。今年もたくさんのみなさんに熱心に聴いていただき感謝しています。とくにインターネットで放送されるようになってからは、バンドのツアーで行く各地の方から「聴いてますよ」と言われるのが何より励みになります。そのバンド「ブルーズ・ザ・ブッチャー」で今年2年ぶりのアルバム”Three O’Clock Blues”をリリースできたことも嬉しい出来事でした。リリース・ツアーでは北海道から九州までたくさんのみなさんにライヴにお越しいただき、アルバムも購入していただきありがとうございます。
何より健康で音楽を続け、歌い続け、この番組を続けられたことがいちばんの収穫です。
また来年もよろしくお願いします。
今日はそんな今年一年の心に残った曲をON AIRです。
まずはいまもルーツであるゴスペルをしっかり持って、まったくブレない姿勢で歌い続けるメイヴィス・ステイプルズが、今年二月にリリースしたアルバム”Livin’ On A High Note”から
If It’s A Light/Mavis Staples
かっては家族で続けていた「ステイプル・シンガーズ」がお父さんや姉妹の死によって継続できなくなり、ソロで活動するようになったメイヴィスのここ数年の活躍は素晴らしいです。
彼女をとりまく優秀な音楽関係者によってうまくサポートされて、彼女はコンスタントにアルバムをリリースし続けています。メイヴィス・ステイプルズは私淑するシンガーのひとりです。

次はメイヴィスと同じように素晴らしい年の取り方をしているボニー・レイット。これも今年リリースされたボニーの新譜”Dig In The Deep”からです。凛としているけど上品な女性としての色香もある歌と彼女にしか弾けないスライド・ギター。完全に自分のスタイルを確立した近年の彼女は揺るがないアメリカの女性ロック・シンガーのアイコンになりました。
Need You Tonight/Bonnie Raitt
アメリカではさっきのメイヴィスと一緒によくステージに立つ仲良しなんですが、是非ふたりで来日して欲しいです。

今年ノーベル文学賞を受賞して話題になったボブ・ディラン。メイヴィスもボニーもディランもずっとブレずに音楽をやってきていまも現役です。やはり音楽にリタイアはないです。ディランは今年通算37作目”Fallen Angels”を5月にリリースしました。前作”Shadows In The Night”の流れで今回もフランク・シナトラやホーギー・カーマイケルのアメリカの昔のいいポピュラーソングを取り上げています。
「雨の日も晴れて要る日も他の誰よりも君のことを愛している。幸せも不幸せもふたりで分かち合う。お金があろうとなかろうと何があっても君といたい。雨でも晴でも君と一緒にいたい」
Come Rain Or Come Shine/Bob Dylan

そして、ブルーズでは今年の秋にベテラン中のベテラン・ブルーズマン、ボビー・ラッシュが”Porcupine Meat”といういいアルバムをリリースしました。
その中の曲からNight Time Gardener「夜の庭師」を聴こうと思います。だいたい夜に庭の手入れにくる庭師っておかしいのですが、「オレを夜の庭師に雇いませんか、奥さん。ちゃんとええ仕事しますよ。」というブルーズの伝統とも言える間男ソングです。スライドギターはケブ・モです。
Night Time Gardener/Bobby Rush

僭越ながら僕のバンド、「ブルーズ・ザ・ブッチャー」も新しいアルバム「スリーオクロック・ブルーズ」を六月にリリースしました。2年ぶり、7枚目のアルバムになりました。とくにボビー・ブランドのこの曲を録音できたことは自分の音楽人生の中で嬉しいことでした。これからもバンドのツアーで各地に行くと思いますが、みなさんよろしくお願いします!
I Pity The Fool/blues.the-butcher-590213
今年もこの番組を聴いていただきありがとうございます。今年はブルーズだけでなくブルーズにまつわるいろんな音楽も広く、でも深くON AIRしてきました。「日本1のブルーズ番組」と言ってくださっている方もいて光栄です。来年もより意欲的に取り組んで面白い番組にしていきます。
ご意見とか、こんなんやって欲しいとかご希望があれば番組のホームページ(blues-power.jp)に書き込みできるコンテンツがありますので、送ってください。では、また、来年、また、来週、Hey hey,The Blues Is Alright!

2016.12.23 ON AIR

Merry Christmas!恒例クリスマスソング特集

img01

img02

img03

img04
ON AIR LIST
1.The Christmas Song/Bob Dylan
2.Merry Christmas Baby/Charles Brown
3.Happy Xmas (War Is Over)/John & Yoko & The Plastic Ono Band With The Harlem Community Choir
4.I Saw Mommy Kissing Santa Claus/The Ronettes
5.Christmas In Heaven/B.B.King

あっと言う間の1年で今年もクリスマス・ソングをON AIRする季節になりました。今日はブルーズとかR&Bとか関係なくクリスマス・ソングを聴いてください。
「暖炉に火が入れられて、聖歌隊が歌うクリスマスキャロルが聴こえ、美味しい食べ物の匂いがして、子供たちは眠れないよね、プレゼントをたくさん積んだソリをトナカイが空を飛びながら引っぱってくるのか。誰もがこっそり見ている・・・」今年、ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランのクリスマス・アルバムから、まずはこの曲。The Christmas Song/Bob Dylan

僕もクリスマスシーズンになるとライヴで歌う「メリークリスマス・ベイビー」ブルーズのクリスマスソングと言えば・・・まずこれ。レイ・チャールズはじめ多くのフォロワーを生んだウエストコーストの人気ブルーズマン、チャールズ・ブラウンの1947年のヒット。「クリスマスの日にはオマエがダイヤモンド、くれるからオレは天国にいるみたいや・・」そりゃそやろ・・。
Merry Christmas Baby/Charles Brown

次はこの季節に街を歩いていると必ず聴こえてくるジョン・レノンのクリスマスソング。1971年に発表されてからいまやすっかりクリスマスソングの定番になりました。サブ・タイトルに”War Is Ove”とついているように「戦争をやめよう」という反戦メッセージものせたジョンらしいクリスマスソングです。
Happy Xmas (War Is Over)/John & Yoko & The Plastic Ono Band With The Harlem Community Choir

次はクリスマスソングの中で僕が格別に好きな曲。これは子供の目から見たクリスマスソングでマイケル・ジャクソンがジャクソン5時代に歌った、可愛いバージョンもあります。「ママがサンタとキスしているところを見てしまったんだ。昨日の夜やどり木の下でキスしてるところを。ママは僕がもう寝ていると思ってたみたいやけど階段を降りて見てしまった。ママがサンタとキスしているのを。パパに言わなきゃ」今日は大好きな女性グループ「ロネッツ」のキュートな歌声で聴いてみましょう!
I Saw Mommy Kissing Santa Claus/The Ronettes

去年のクリスマスもB.B.キングのこの曲”Christmas In Heaven”をON AIRしました。アルバムは”A Christmas Celebration Of Hope”というタイトルで2001年にリリースです。ジャケットには赤い蝶ネクタイのB.B.と彼の愛用のギター「ルシール」が同じように赤いリボンつけて写っています。B.B.が去年の5/14に天国へ召されてからブルーズは大きな柱を失った感じが続いています。この曲のタイトルのようにB.B.が安らかに天国でクリスマスを迎えていることを祈ります。
Christmas In Heaven/B.B.King
僕はなぜかクリスマスは楽しいより少し寂しい気持ちになります。1年間に亡くなった友達、知人のことを想い出したり、戦争や貧しさの中でクリスマスを迎えるたくさんの人たちがいまもいることや、地震や台風といった災害で大変な目に遭っている人たちのことを思うからかも知れません。クリスマスは派手なパーティをやることでもなく、高いプレゼントを送ることでもなく、本来キリストの生誕を祝う日ですからいろんな人たちのことを想う日で間違いはないと想います。
ささやかにケーキでも食べて、いろんな人のことを想うクリスマスもいいのではないかと想います。では、みなさん、メリー、メリー、クリスマス!