2019.09.13 ON AIR

ニューオリンズ・リズム&ブルーズの道を作った偉大なプロデューサー、デイヴ・バーソロミュー vol.2

The Best Of Fats Domino (EMI CDP 7 46581 2)
img

New Orleans The Ultimate Collection (Union Square Music)
img02

The COSIMO MATASSA STORY (PROPER BOX 129)
img03

ON AIR LIST
1.Blue Monday/Fats Domino
2.Lawdy Miss Clawdy/Lloyd Price
3.Come On/Earl King
4.Let The Good Times Roll/Shirley & Lee
5.Walking To New Orleans/Fats Domino

前回、6月に100才で亡くなった偉大なプロデューサー、デイヴ・バーソロミューがプロデュースした曲や彼自身の曲を聴きましたが、今日もまず彼なくしては語れない偉ファッツ・ドミノがバーソロミューと作った曲から始めましょう。
月曜日をテーマにした曲はほとんど月曜に働きに行くのがイヤだというものですが、この曲もそうです
「ブルーな憂鬱な、嫌な月曜日や。一日中奴隷みたいに働かなアカン。そしてハードな火曜日がやってくる。遊ぶ時間もないんやで、もうめちゃしんどいわ。水曜も木曜もそんな調子で金曜には給料もらえるし、土曜になったら疲れはどっかへいってしまう。彼女そさって金もあるしや、出かけて遊びまくるで。日曜日は休みとっとかんとな。また最悪の月曜がくるから」
1.Blue Monday/Fats Domino
実はこの曲スマイリー・ルイスが先に1954年にリリースしたんですが、売れなくてその二年後にファッツがリリースするとR&Bチャートのトップになり、ポップチャートでも5位という大ヒット。
ちなみにこのBlue Mondayは映画「The Girl Can’t Help It」(女はそれを我慢できない)の中でファッツ自身が歌うシーンがあります。それもあっての大ヒットだったかも知れません。

次の大ヒットもバーソロミューのプロデュースですが、1952年に19才だったロイド・プライスに歌わせたこの曲はR&Bチャートの1位に7週間もとどまるヒットになり、ロイド・プライスを代表する曲となりました。彼はこのあとも”Just Because”などで素晴らしいR&Bを聴かせています。
2.Lawdy Miss Clawdy/Lloyd Price
もうなんと言っても歌が素晴らしい。
デイヴ・バーソロミューが最初にプロデュースを手がけた曲はインペリアルというレコード会社からリリースされたのですが、いまの曲はスペシャルティというレコード会社からの1952年のリリースです。どうもインペリアルレコードともめたらしくてスペシャルティの録音をしたのですが、たぶんお金のことでしょうね。でも、金を出してもらったのか、またインペリアルに戻っていってます。
バーソロミューは僕が大好きなこの曲もプロデュースしています
3.Come On/Earl King
この曲はこの前もドクター・ジョンの追悼の時もON AIRしましたが、ジミ・ヘンドリックスがアルバム「エレクトリック・レディランド」でカバーしているのを知っている方もいると思います。デイヴ・バーソロミューのような人というとブルーズ界ではシカゴ・ブルーズのウィリー・ディクソンで、ディクソンはベーシストでシンガーでもありましたが、彼自身の曲はあまり売れなかったんですが、やはりプロデューサー、タレントスカウトとしての才能はありました。マディ・ウォーターズもハウリン・ウルフもサニー・ボーイもやはりディクソンのプロデュースがあったからのヒットやと思います。バーソロミューの立場をニューオリンズで60年代から70年代引き受けたのが、アレン・トゥーサンです。彼はバーソロミューの録音にピアニストとして若い頃参加しています。たぶん、そこでバーソロミューのプロデュースのやり方も学んだと思います。
どんなにいい歌手でも曲に恵まれないとまず売れません。そしてその曲をどんな風にアレンジして、どんなミュージシャンにどこのスタジオでどのエンジニアを使って録音させるかというのがプロデューサーの仕事です。だからプロデューサーというのは音楽を作る上で最もトップにいる立場なんですね。それをこれだけヒット曲を出したデイヴ・バーソロミューはやはり偉大というしかないでしょう。
次の曲も大好きな曲です。1956年のヒットです。
4.Let The Good Times Roll/Shirley & Lee
ドラムはアール・パーマー・・・無敵です。
バーソロミューがプロデューサーとして腕を振るったインペリアル・レコードは1963年にリバティ・レコードに買い取られ、バーソロミューはウエストコーストからニューオリンズへ帰ってきました。そして、トランペット・レコードやマーキュリーレコードでプロデュースをし自分のレーベルを立ち上げたりしましたが、セールス面での成果はあまりなかったようです。70年代80年代はニューオリンズでディキシーランドジャズバンドを立ち上げたりもしましたが、まあ悠々自適の晩年だったのでしょう。
最後の曲は元々ボビー・チャールズが書いた曲ですが、ある時ボビー・チャールズが大ファンだったファッツ・ドミノのコンサートの楽屋で会ったそうです。その時にファッツが「今度ニューオリンズのオレんところに遊びにおいでよ」と誘ったそうです。その時ボビー・チャールズは車を持っていなくて「もし、ご自宅へ行くのなら僕は歩いてニューオリンズへ行かなくては・・」と答えてこの歌ができたそうです。ニューオリンズまで歩いていく・・。
5.Walking To New Orleans/Fats Domino
この曲もヒットしてR&Bチャート2位、ポップチャート6位まで上がりました。

元々ニューオリンズはジャズからR&Bまで優れたミュージシャンがたくさんいるところでしたが、そのミュージシャンたちをまとめてクオリティの高いしかも売れるエンターテイメントにしたデイヴ・バーソロミューはもっと知られて評価を受けるべき人だと僕は思います。僕もこういう音楽を好きになった最初はプロデューサーの名前なんてクレジットにあっても見なかったんですが・・・。
アトランティックレコードのアーメット・アーディガンやジェリー・ウエクスラー、モータウンのベリー・ゴーディ、マッスル・ショールズのリック・ホール、そしてアラン・トゥーサン、そして二回に渡ってきいてもらったデイヴ・バーソロミューといったプロデューサーたちはほんとに素晴らしい音楽を世の中に出した人たちです。
デイヴ・バーソロミュー・・・みんなも名前を覚えておいてください。

2019.09.06 ON AIR

ニューオリンズ・リズム&ブルーズの道を作った偉大なプロデューサー、デイヴ・バーソロミュー vol.1

The Best Of Fats Domino (EMI CDP 7 46581 2)
img

New Orleans The Ultimate Collection (Union Square Music)
img02

The COSIMO MATASSA STORY (PROPER BOX 129)
img03

ON AIR LIST
1.The Fat Man/Fats Domino
2.I Hear You Knocking/Smiley Lewis
3.Ain’t That A Shame/Fats Domino
4.Country Boy/Dave Bartholomew and His Orchestra
5.My Blue Heaven/Fats Domino

ここ三回に渡って先頃亡くなったドクター・ジョンの追悼ON AIRをしましたが、実はそのすぐあと6月23日にドクターの大先輩であり、同じニューオリンズ音楽にとって大切なミュージシャン、デイヴ・バーソロミューが亡くなりました。100才でした。50年代のニューオリンズ・サウンドの偉大なプロデューサーでした。
彼がプロデュースしたミュージシャンをざっと挙げてみると、まずファッツ・ドミノ、シャーリー&リー、アール・キング、ロイド・プライス、スマイリー・ルイス、クリス・ケナー、フランキー・フォード、ロバート・パーカーともう錚々たるニューオリンズのミュージシャンが出てきます。
まずはデイヴ・バーソロミューがプロデュースして最も売れたこの人、ファッツ・ドミノ
曲名がThe Fat Manですから「太った男」ですが、「オレはみんなに太っちょと呼ばれて、200ポンドあるけどこの界隈の女の子にはモテモテなんよ。ランポートとカナルストリートの角でクレオールの可愛い女の子を眺めてる」
ファッツ・ドミノのファッツも太っちょというあだ名ですが、太っちょのドミノが歌う太っちょ男です。
1.The Fat Man/Fats Domino
この曲はファッツ・ドミノの1949年12月リリースのデビュー曲でデイヴ・バーソロミーがファッツをプロデュースした最初の曲でもあります。この曲がすぐR&Bチャートの2位まであがります。
この曲はそれまで流行っていたビートとは違うグルーヴを出した画期的な曲で、ドラムを担当したアール・パーマーはいわゆる「バック・ビート」を最初に打ち出したのはこの曲だと言ってます。だからR&Bだけでなく、のちのポピュラー・ミュージック全体に広がっていくバック・ビートの最初の曲としてこれは非常に重要です。
いまアール・パーマーの名前を出しましたが、この頃バーソロミューが自分のバンド「デイヴ・バーソロミュー・オーケストラ」に集めたニューオリンズの優れたミュージシャンが、ウッド・ベースがフランク・フィールズ、アーネスト・マクリーンがギター、サックスのアルヴィン・レッド・タイラー、リー・アレン、それにトランペットのデイヴ・バーソロミュー、そしてこの曲のピアノと歌がファッツ・ドミノ。

レコーディングに関して一般のリスナーがプロデューサーというのを意識したのは、たぶん70年代に入ってからだと思います。音楽関係者の間では60年代から、例えばビートルズのプロデューサーのジョージ・マーチンとかロネッツなどをプロデュースしヒット曲をたくさん送り出したフィル・スペクターだとかアトランティックレコードのジェリー・ウェクスラーの名前は取り沙汰されてましたが、レコードを買う一般のリスターは別にプロデューサーが誰であるかなんてまあどうでもいいんですよね。買ったレコードのその曲がよければいいわけで・・・。ミュージシャンのファンにはなりますが、プロデューサーのファンにはならないですよね。ところがミュージシャンにとって、レコードを作る段階においてプロデューサーはとても大切です。アルバム制作の責任者ですから、ミュージシャンの個性や音楽的な意向を考えて、しかも売れるものを作らなければいけない立場です。つまり、音楽的な知識や素養もなければいけないし、世の中でどんな音楽が好まれるかというのを知ってないと売れない。しかも少し新しいと思われるテイストを音楽に入れることも大切です。それでも確実にこれは売れると確信を持てることは少ないと思います。
40年代からデイヴ・バーソロミューは優れたミュージシャンを集めてクラブで演奏していたので、お客さんにどんな音楽が好まれるのかがわかっていたのではないでしょうか。そして、優れたミュージシャンを聞き分ける耳を彼が持っていたことがすごいと思います。あとバーソロミューは作詞作曲が出来たところも素晴らしいです。次の1955年にチャートの2位まで上がった大ヒットもバーソロミューが曲を書き、プロデュースしたものですが、これを歌ったスマイリー・ルイスはこの曲で世の中に知られるようになりました。
「出ていって長い間いなかったオマエが帰ってきてドアをノックしてる。ノックの音は聴こえてるよでもオマエは中には入れない。いま住んでるところへ帰りな」という一旦捨てられた男の意地でしょうか。
2.I Hear You Knocking/Smiley Lewis

いまの”I Hear You Knocking”と同じ55年に、これはR&Bチャートの1位になりポップチャートでもトップ10に入った大ヒットをバーソロミューとファッツ・ドミノのコンビはリリースします。
ジョン・レノンほかたくさんのカバーがあり、ロックンロールの名曲といわれてますが僕はR&Bだと思っています。それまでにはないグルーヴ感をもった斬新なR&Bだったと思います。
3.Ain’t That A Shame/Fats Domino
いまの曲もファッツ・ドミノとバーソロミューの共作です。ふたりはステージでも一緒で、つまりデイヴ・バーソロミュー・オーケストラがずっとファッツのバックバンドとしてライヴもやったわけです。ですからバンドのグルーヴやアンサンブルも当然鍛えられていくし、新しいアイデアも出て曲も次々生まれたわけです。ちなみにバーソロミューはトランぺッターでシンガーでもあります。彼自身のヒットはなかったのですが、プロデューサー、アレンジャー、タレントスカウトの才能のは秀でていた人です。でも、ここで彼がソロでレコーディングした曲を聴いてみましょうか。
この曲がいちばんチャートに上がった曲でR&Bチャートの14位まで行きました。
4.Country Boy/Dave Bartholomew and His Orchestra
この曲のあとにほとんど曲は一緒で歌詞だけ変えたCountry Girlという曲を録音しているんですが、鳴かず飛ばずでした。
バーソロミューは1940年代の終わりに「インペリアル・レコード」とプロデューサー、タレントスカウトの契約をしました。インペリアル・レコードにとっては次々とヒットを量産してくれるバーソロミューは重要な人でした。ミュージシャンの個性を見抜く力に長けていて、ドラムのアール・パーマーを中心としたビートは明らかに他のグループにはない斬新な、強力なビートを打ち出していました。ビートを強調したダンス・ミュージックとして新しいニューオリンズ・サウンドを50年代はじめに作ったのは、間違いなくデイヴ・バーソロミューでした。

僕は昔、次の曲名からいただいたバンド名をつけていました。そのくらいこの曲が好きですが、実はこの曲はファッツ・ドミノのオリジナルではなく、1927年という遠い昔につくられた曲だったのです。でも、多くの人はファッツのバージョンでこの曲を知ったと思います。うちの親父も聴いていました。
私がこの歌を初めて聴いた小学生の頃、英語ももちろんわかりませんでしたが、この歌のもつ幸せなテイストを私は感じたのかも知れません。
5.My Blue Heaven/Fats Domino
50年代にブルーズから生まれた新しいR&Bという音楽をつくりあげ、新しいグルーヴを作り、ひいては新しいポップスの基本を作ったのがデイヴ・バーソロミューと彼のオーケストラのメンバーでした。
次回もう一回この偉大なプロデューサー、バーサーソロミューの残した音源を聴きます。

2019.08.30 ON AIR

ニューオリンズの至宝、ドクター・ジョンの死 Vol.3

In A Sentimental Mood (Waner Bro 9 25889-2)
img

Going Back To New Orleans (Waner Bro 9 26940-2)
img02
Tango Place (A&M POCM-1807)
img03

ON AIR LIST
1.In A Sentimental Mood/Dr.John
2.Basin Street Blues/Dr.John
3.My Indian Red/Dr.John
4.Louisiana Lullabye/Dr.John

今回で三回目を迎えるドクター・ジョンの追悼特集ですが、改めてドクターの音楽の足跡を辿ってみるといろんなドクターがいるんですが、ひとつひとつのアルバムにその当時の彼の気持ちが表れてます。
ウエストコーストに住んでいた頃、ニューヨークにいた頃、その時々で彼はアルバムを残しているけど、やはり故郷ニューオリンズへの強い想いはどこにいてもずっと揺るがなかった。そして、その一枚一枚のアルバムに彼が生きて音楽を続けるための苦闘も感じられます。
晩年ジャズの曲を取り上げたり、デューク・エリントンへのトリビュートアルバムを作ったりしましたが、でもやっぱりそこにもはっきりドクターはいて「こんなジャズのいい曲知ってますか」と自分のスタイルで演奏していたような感じです。
今日の一曲目は1989年リリースの”In A Sentimental Mood”からこのデューク・エリントンの曲から、ドクターの絶妙に艶っぽいピアノが堪能できます。
1.In A Sentimental Mood/Dr.John
ため息が出るいい曲、素晴らしいピアノでした。ドクターは若い頃ニューオリンズのヤバい店で演奏していた時からジャズの曲はやっていたとインタビューで言ってます。
そして、このアルバム”In A Sentimental Mood”のあと1992年に”Going Back To New Orleans”というアルバムをリリースします。これはタイトルどおりニューオリンズへ回帰するアルバムで、ニューオリンズのファッツ・ドミノやデイヴ・バーソロミューの曲も取り上げていますが、72年の「ガンボ」とはひと味違うニューオリンズ音楽の豊かさを聴かせてくれています。
ドクターが若い頃のニューオリンズは、有名な歓楽の街で酒やドラッグや売春が行き交う場所ででした。そういう歓楽の場所ではブルーズもR&Bもジャズも同じように演奏されていて、これといった音楽のジャンルの垣根はなかったのでしょう。
92年のアルバム”Going Back To New Orleans”から。この曲のタイトルのベイズン・ストリートもニューオリンズのフレンチ・クォーターの歓楽街です。
2.Basin Street Blues/Dr.John

このアルバムにはニューオリンズのマルディグラというお祭りの季節によく演奏される次のようなインディアンの音楽も収録されています。
1940年代半ばにダニー・パーカーというギタリスト・シンガーが作った曲で、いまやニューオリンズ・スタンダードです。こういう曲を忘れないでアルバムに入れるところにニューオリンズ愛を感じます。そして、僕にとっては親友の山岸潤史がニューオリンズに住んでマルディグラ・インディアンのバンドに加入してこうい曲を演奏していた頃を想い出す・・・そういう曲でもあります。
3.My Indian Red/Dr.John

2005年の8月ハリケーン・カトリーナによって壊滅的な被害を受けたニューオリンズの街でしたが、とくに黒人や有色人種が住む地域の復興になかなか積極的に出ない政府、自治体に腹を立てたドクターはハリケーンから三年後の2008年に”City That Care Forgot”というアルバムをリリースします。タイトルはケアを忘れられた街、つまり復興を忘れられた街ということです。
実際、観光用の表通りは体裁をつくろうように修理されたりしたが、黒人たちが住んでいる地域の復興はまったく言っていいほどされてなかった現状を僕も後から知りました。
最後は1979年ニューヨークで録音されたアルバム”Tango Place”から
これもルイジアナ、ニューオリンズへの想いがあふれた曲で作詞がドク・ポマスで作曲がドクター・ジョン
4.Louisiana Lullabye/Dr.John

ここ二年くらいライヴが減って、ドクターの体調がよくないことが伝えられていましたが、なんせドクター・ジョンですから、ブードゥー教の司祭ですからなかなかくたばらないだろうと思っていた矢先の6月6日の訃報でした。
残念です。そして、ドクターが亡くなってすぐあとに、ドクターの大先輩のデイヴ・バーソロミューが100才で亡くなりました。そして、つい最近ネヴィル・ブラザーズのアート・ネヴィルが亡くなりました。ニューオリンズの音楽は大丈夫かと思うくらい次々と知る訃報に気持ちが落ちてしまいます。

伝統あるニューオリンズの音楽を原点にいろんなフィールドで活躍し、いろんなミュージシャンのアルバムやライヴにも参加して、六回グラミー賞を受賞して、ここ三回で聴いてもらったようにいろんな曲を録音しましたドクター・ジョンでした。なによりみんなが知らなかったニューオリンズのいろんな音楽、ミュージシャンを率先して紹介してきた功績は大きいと思います。でも、カバーをやる時でも変ったアレンジをしなくてもドクターの味が自然と出ているところが素晴らしいです。改めてドクター・ジョンの冥福を祈ります。そして、亡くなる前に録音された最後のアルバムがリリースされるのを待ちたいと思います。

2019.08.23 ON AIR

ニューオリンズの至宝、ドクター・ジョンの死 Vol.2

Gris-gris/Dr.John,The Night Tripper(ATCO 7567-80437-2)
img

In The Right Place/Dr.John(ATCO 7567-80360-2)
img02

ON AIR LIST
1.Gris-Gris Gumbo Ya Ya/Dr.John
2.Right Place Wrong Time/Dr.John
3.Peace Brother Peace/Dr.John
4.Traveling Mood/Dr.John
5.Such A Night/Dr.John

前回聴いてもらったドクターの”名盤GUMBO”は多くの人にニューオリンズの音楽の素晴らしさを知らしめました。
その”GUMBO”がリリースされた四年前1968年にドクターが作った不思議なアルバムが“Gris-Gris”(グリグリ)です。
このアルバムは当時のウエストコーストで流行っていたサイケデリックロックとニューオリンズの音楽を融合させてそこにニューオリンズのヴードゥー教のエッセンスをふりかけたサイケなアルバムです。ジャケットからして煙に包まれ、下からドクターにライトを当てた稲川淳二風のジャケットなんですが・・。
このアルバムは話によると、ドクターはピアノのロニー・バロンをドクター・ジョンという架空の人物に仕立て上げたコンセプト・アルバムを作ろうとしたのですが、ロニー・バロンが「ドクター・ジョンなんてなるのはイヤや」となって・・それで仕方なく自分がドクター・ジョンになったらしいです。ここで本名マック・レベナックはドクター・ジョンになったのですが、それが後々すごい芸名になったわけですから人生わかりません。
どんな音楽かというのを説明するのは難しいので聴いてみてください。
1.Gris-Gris Gumbo Ya Ya/Dr.John
お聞きのような音楽ではっきり言って僕は好きじゃないです。
サイケデリック・ロックが嫌いなわけではないのですが、僕にとっては退屈な音楽でした。「オレのことをみんなはドクター・ジョン、そしてナイトトリッパー(夜の旅人)と呼ぶ」と言って始まるのですが3分くらいで退屈です。
この“Gris-Gris”というアルバムはロスアンゼルスで録音されたのですが、実は1964年にドクターはニューオリンズからロスに移住しました。その前にドラッグ関係で刑務所に服役していたのですが、ムショから出てきても警察に目をつけられてニューオリンズで仕事がやりにくくなったからです。あと昔から酒もドラッグも売春などもあった南部でいちばんの歓楽街だったニューオリンズを時の知事がもっと清い街にしょうとして取り締まりを強くしたため、ニューオリンズのミュージシャンたちが演奏する場所がどんどん減ったということもありました。仕事がなくて他の街へ行かざるを得なくてドクターもレコーディング・ミュージシャンとしての依頼があったロスに移ったわけです。
それでロスで自分のアルバムの録音のチャンスを得てこの「グリグリ」のリリースとなったわけです。
アルバムリリースの68年といえばもうウエストコーストはLSDなんかを使ったサイケデリックテ・カルチャーが流行っていてこういうアルバムをドクターも作ったわけですが、1部では高い評価を得ましたが、あまり売れませんでした。時にドクター28才です。この後にもう一枚この「グリグリ」の続編「バビロン」というアルバムを出しています。
それで話は前後しますが、そのあと72年に前回聴いてもらった”GUMBO”を録音します。”GUMBO”はニューオリンズへの回帰と歴史あるニューオリンズの音楽をみんなに知ってもらいたいというコンセプトだったのですが、次の翌73年の”In The Right Place”は当時のup-to-dateなニューオリンズの音楽を作ったものでした。
プロデュースはアレン・トゥーサン、バックはザ・ミーターズというニューオリンズ・ファンクの塊みたいなサウンドとグルーヴをバックにして、新しいドクターの本領が発揮されたアルバムとなりました。
2.Right Place Wrong Time/Dr.John
このアルバムで僕はミーターズというグループを知りました。いわゆるニューオリンズ・ファンクのグループですが、ジェイムズ・ブラウンがやっていたファンクでもない、ウエストコーストやイーストコーストのファンクでもないニューオリンズ独特ファンクを作ったグループです。
オルガンがアート・ネヴィル、ギターがレオ・ノセンテリ、ベースがジョージ・ポーター、ドラムがジガブー・モデリステの4人。またミーターズの話をすると時間がかかるのでまたいつか取り上げます。この4人のつくるグルーヴをバックに歴史あるニューオリンズの音楽を継承しつつ、新しい時代にニューオリンズR&Bを進めた一枚でした。
3.Peace Brother Peace/Dr.John
名プロデューサーのアレン・トゥーサンに凄腕ミュージシャンが集まったミーターズがバックをやり、その上に乗っかったドクターですからもうバリバリです。
ドクターが”GUMBO”や”In The Right Place”をリリースして、アレン・トゥーサンも70年からソロアルバムをリリースし始めて75年には”Southern Nights”という名盤も出して、スタジオ・ミュージシャン的だったミーターズも69年から自分たちのアルバムをリリースして再びニューオリンズは熱い音楽シーンを作り出し始めました。
口笛から始まる次の曲なんかリズムとメロディ、ムードがもう完全にニューオリンズの音楽という感じがします。
4.Traveling Mood/Dr.John
こういう曲を聴くとニューオリンズへ行きたくなりますね。
そして、このアルバム”In The Right Place”にはドクターが生涯歌い続けることになる名曲が収録されています。
パーティに来た友達の彼女を好きになってしまって彼女を奪おうとしている歌です。「なんて夜なんだ、月明かりの下スウィートな気持ちでフラフラしている。親友のジムの彼女をオレは奪おうとしている。でも、オレがやらなければ誰か他の男が彼女を奪うだろう。でも、彼女が一緒に歩きませんかとオレに言ったんだ。もうなんて夜だ、なんて夜だ」
5.Such A Night/Dr.John
ロマンチックないい歌ですね。他のミュージシャンがカバーしたものを聴いたこともあるのですが、この曲は他の人がやっても無理だとおもうくらいドクターの匂いがついています。

ドクターはこれ以降もたくさんアルバムを出しています。次回はちょっとジャズテイストのドクター・ジョンも聴いてみたいと思います。まだまだ続くドクター・ジョン!

2019.08.16 ON AIR

ニューオリンズの至宝、ドクター・ジョン追悼 Vol.1

GUMBO/Dr.John (ATCO/eastwest japan AMCY-3041)
img

ON AIR LIST
1.Iko Iko/Dr.John
2.Let The Good Times Roll/Dr.John
3.Those Lonely Lonely Nights/Dr.John
4.Huey Smith Medley(High Blood Pressure~Don’t You Just Know It~Well I’ll Be John Brown)/Dr.John
ニューオリンズ・ミュージックを代表するミュージシャンのひとり、ドクター・ジョンが去る6月6日 に77歳で亡くなりました。
ドクター・ジョン(本名マック・レベナック)はニューオリンズR&Bだけでなく、アメリカとイギリスのロックやポップスにも大きな功績を残した人であり、ヴァン・モリソンやレヴォン・ヘルムのアルバムにも参加し、B.B.キングの”There Must Be A Better World Somewhere”での演奏も忘れられません。日本にも何度か来てくれて素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

今回から3回に渡ってドクター・ジョンの追悼プログラムをON AIRします。
ドクター・ジョンのアルバムといえば「ガンボ」と答える人も多いと思います。僕も初めて彼の音楽に触れたのは名盤と呼ばれる「ガンボ」でした。
1972年にリリースされたこのアルバムは、一曲を除いてすべてニューオリンズのミュージシャンの曲をカバーしたものです。
ドクターはインタビューでこう言ってます「このアルバムを聴いた人たちがニューオリンズのR&Bに興味を持ってくれるといいなと思って作った」と。
実際、僕もこのアルバムでニューオリンズの音楽を初めて知ることになりました。当時はアルバム・タイトルのガンボがニューオリンズの郷土料理である煮込み料理であるという意味も知らなかったし、収録されている曲のオリジナルのミュージシャンもほとんど知らないでいました。初めてニューオリンズでガンボを食べたときはもちろんこのアルバムを想い出して、「ああ、やっとニューオリンズに来れた」と思ったものです。
一曲目、もうニューオリンズの民謡みたいな曲ですが、オリジナルはシュガーボーイ・クロフォード。女性3人組のディキシー・カップスでも有名です。1953年にシュガーボーイが録音した最初は”Jock-O-Mo”というタイトルでチェスレコードからのリリースでした。ニューオリンズ独特のセカンドラインのビートが最高です。
1.Iko Iko/Dr.John

次の曲はジミ・ヘンドリックスが”Electric Lady Land”というアルバムでカバーしたのを聴いたのが高校生の頃。オリジナルはドクターと同じニューオリンズのアール・キングですが、このドクターの「ガンボ」を聴いた頃はまだアール・キングのアルバムも持っていませんでした。ジミ・ヘンドリックスは”Come On” というタイトルでこの曲を録音しています。ヘンドリックスはロックしていてカッコいいですが、ドクターのこの曲のテンポ感とビート感、そしてイナタイテイストはちょっとマネできません。
2.Let The Good Times Roll/Dr.John

このアルバムにはもう一曲アール・キングの曲が収録されていますが、これも僕を含めブルーズ・ファンのほとんどはジョニー・ギター・ワトソンのカバーで知っていたと思います。アール・キングは素晴らしいソングライターであることをドクターは世間に知らせたいと思ってたようです。60年代の後期にドクターはロスに一時期住んでいたんですが、ニューオリンズでは有名なプロフェッサー・ロングヘアやスマイリー・ルイスそしてこのアール・キングのことを誰も知らないことに驚いたようです。自分がずっとヒーローだと思っていたニューオリンズの素晴らしいミュージシャンたちが、世界では知られていないことがこのアルバムをつくるひとつのきっかけになったようです。
「君がいなくなってから寂しい夜が続く」
3.Those Lonely Lonely Nights/Dr.John
こういう3連の曲がニューオリンズの音楽によくあるんですが、ゆったりして聴こえるけれどビートはステディです。ルーズではないんです。そのあたりがニューオリンズR&Bの難しいところでもあります。これをただゆるくやってしまうとニューオリンズ・テイストは出ません。

ドクターは1940年ニューオリンズ生まれ。アイルランド系の移民の家系でお父さんがレコード店を営んでいた関係で、小さい頃からいろんな音楽を聴いて育ちました。10才の頃にお父さんにギターを買ってもらい、お父さんが知合いだったパプース・ネルソンというギタリストに教えてもらうことになりました。この人がニューオリンズの大スター、ファッツ・ドミノのバンドのギタリストだったというからすごいです。この当時ニューオリンズではコズモ・マタッサというスタジオでいろんなミュージシャンのレコーディングが行われていて、ファッツ・ドミノやリトル・リチャードなどのヒット曲もここで録音されていました。つまり1940年から60年というドクターが20才になるまでの青少年時代、ニューオリンズR&Bは全盛だったわけです。そのまま地元で当たり前のようにミュージシャンになってアール・キングやアレン・トゥーサン、ミーターズ、といった人たちとニューオリンズR&Bを作っていったわけです。
その中にヒューイ・ピアノ・スミスがいまして、このアルバムにも「ヒューイ・ピアノ・スミス・メドレー」というのが入っています。ヒューイ・ピアノ・スミスというのはやはりニューオリンズのソングライターであり、シンガーであり、ピアニストでドクターの先輩に当たります。ヒューイは駆け出しの頃はアール・キングやギター・スリムのバックをやってましたが、やがてレコーディングにも呼ばれるようになりロイド・プライスやリトル・リチャードの録音に参加。スマイリー・ルイスの大ヒット”I Hear You Knockin’”の印象的なピアノもヒューイ・スミスです。57年に大ヒットRockin’ Pneumonia and the Boogie Woogie Flu”を出して一躍ニューオリンズを代表するミュージシャンになり、楽しいパーティ・ソングをたくさん作りヒットさせました。
ヒューイ・ピアノ・スミスのメドレーを聴いてください。
4.Huey Smith Medley(High Blood Pressure~Don’t You Just Know It~Well I’ll Be John Brown)/Dr.John

ドクター・ジョンがニューオリンズの音楽に敬意を払って作ったこのアルバム「ガンボ」には、ヒューイ・スミスと並んでドクターが大きな影響を受けたピアニスト、プロフェッサー・ロングヘアの曲も二曲収録されています。プロフェッサーには直接ピアノの手ほどきを受けたこともありドクターにとっては先輩であり先生のような存在だったと思います。

僕は個人的にドクターの想い出があります。友達の山岸潤史がニューオリンズでドクターを迎えてレコーディングしたことがありました。その時僕もついていったんですが、そのレコーディング・スタジオにバスケットの小さなコートがありました。僕はヒマだったので、そこでバスケットのゴールにめがけてボール投げて遊んでたんですが、そこにこれから録音するドクターが現れて「オイ、ボール貸してくれ」いうので貸して、そこからしばらく一緒にシュートのやり合いをしました。いい想い出です。もちろんそのあとのレコーディングのピアノは素晴らしかったです。