WHAT'S NEW

2024年05月17日
             
2024年05月10日
             
2024年05月03日
             
2024年04月26日
             
2024年04月22日
             
2024年04月19日
             
2024年04月12日
             
2024年04月05日
             

2024.04.12 ON AIR

日本のブルース・ハーモニカのパイオニア妹尾隆一郎の名盤

Messing’ Around /Weeping Harp Senoh (ビクター/Flying Dog)

ON AIR LIST
1.Bobby Sox Blues/Weeping Harp Senoh
2.Unseen Eye /Weeping Harp Senoh
3.Let The Good Times Roll /Weeping Harp Senoh
4.Oh Baby/Weeping Harp Senoh
5.Carrie Lee/Weeping Harp Senoh

先週は最近メジャー・デビューしたまだ20代のバンドthe tigerのデビュー・アルバムを紹介しましたが、今夜は1976年約50年前にリリースされた日本のブルーズの名盤”Messing’ Around /Weeping Harp Senoh”を紹介します。Weeping Harp Senohこと妹尾隆一郎君が亡くなって7年がすぎました。
ここ数年、比較的安易に演奏できると思われていてブルースハーモニカを吹く人が増えている。確かに吹いて吸えば音はすぐに出るのでトランペットやサックスに比べると手が出やすい楽器ではあるが、実は奥深い楽器で特にブルーズを演奏するにはパワーも必要であるし、たくさんの奏法も覚えなければならない。そのブルーズ・ハーモニカのパイオニアがウィーピンク・ハープ・セノオこと故妹尾隆一郎であることに異論を挟む人はいないと思う。妹尾くんと私はブルーズという音楽に魅せられたのがほぼ同じ時代で、いわゆる日本のブルーズの黎明期を共に過ごした盟友だ。今日はそのウィーピンク・ハープ・セノオこと故妹尾隆一郎が残した素晴らしいアルバム、1976年リリースの”Messin’ Around”を聞いてみようと思います。まずアルバムの最初、一曲目Bobby Sox Blues
ボビー・ソックスとは女子学生が履く短い靴下のことで、若い女子に惚れてしまったんやけど彼女はアイドルや映画スターに夢中で他のことは何も考えてないという・・まあ若い娘に振り回されたブルーズ。オリジナルはT.ボーン・ウォーカー。

1.Bobby Sox Blues/Weeping Harp Senoh

素晴らしいギターソロを弾いているのは当時私が一緒にやっていたウエストロード・ブルーズ・バンドの塩次伸二。ベースがブレイク・ダウンの森田恭一。ドラムは当時日本にいたジャズ系のドラマーでジミー・ホッブス、ピアノは田村博さんというジャズ・ビアニストで今も活躍されてます。気づいた方もいると思いますが、ハーモニカのソロがありませんでした。実はハーモニカ・プレイヤーのアルバムなのに最初の三曲にハーモニカ・ソロはありません。ここにひとつ妹尾君のブルースに対する考え方、「ブルースはあくまでも歌である」という考え方が表れています。ブルーズはヴォーカル・ミュージックであり、ハーモニカを吹くための音楽ではないとうことです。妹尾くんは僕と一緒に演奏する時でも決して長いソロは吹きませんでした。あくまで歌のサポートという立場でした。つまりヴォーカル・ミュージックとしてのハーモニカのスタンスをしっかり理解している人でした。
次はハーモニカ・ソロが聴ける曲でオリジナルはサニー・ボーイ・ウィリアムスン。僕もいつかレコーディングしたいなぁと思い続けてる曲です。付き合っている女性に「自分の振る舞いには気をつけた方がええよ。お前のことを見えない目(Unseen Eye)がずっと見てるからな」というちょっと怖い歌です。妹尾君のハーモニカから始まりギター、ピアノそしてドラムがからむイントロのムードが素晴らしいです。

2.Unseen Eye /Weeping Harp Senoh

今のはベースがウエストロードの小堀正、ドラムが松本照夫。ギターはこのソロ・レコーディングの前にやっていたローラー・コースターのギタリスト川口充くん。
次の曲はジャンプ・ブルーズの王様、ルイ・ジョーダンの”Let The Good Times Roll”ですが、この曲を妹尾くんは終生よく歌ってました。「さぁ、みんな、一日の仕事が終わったらみんなで楽しもう」というファンキーな歌です。
ここでも彼はハーモニカで選曲しているわけではなくその歌。特に歌詞についてはよく研究していました。若い頃、まだブルーズの情報が少なく彼とよく歌詞や黒人文化について話し合いました。

3.Let The Good Times Roll /Weeping Harp Senoh

今の曲はギター近藤房之助、ベース森田恭一、ドラム小川俊英というブレイク・ダウンのリズム・メンバーでスライド・ギターは憂歌団の内田勘太郎。
次はブルーズ・ハーモニカ・プレイャーの王道の曲でリトル・ウォルターがオリジナルの”Oh Baby”
内容は「オレがどこかへ行ってしまったらお前はオレを失ったことの意味を知るだろう」と歌ってますが、彼女にフラれたくなくてこういうことを言うんですね。これはブレイク・ダウン全員(ギター服田洋一郎と近藤房之助、ベース森田恭一、ドラム小川俊英)がバックをしています。妹尾君のハーモニカの魅力がよく出ています。

4.Oh Baby/Weeping Harp Senoh

このアルバムは当時の日本のブルース・プレイヤーの精鋭を集めて録音した記念碑的なものですが、今聞いても色あせないいいアルバムだと思います。
最後はピアノの国分輝幸とテュオでやっている曲です。国分君はローラー・コースターのメンバーでのちにソー・バッド・レヴューに参加しました。彼の素晴らしいピアノも聞き物です。オリジナルはJ.B.レノア。

5.Carrie Lee/Weeping Harp Senoh

私と同時代にブルーズを始めた妹尾君は最初会った時からハーモニカはすごく上手かった。自分で考え出したハーモニカの譜面を作ったり、ブルーズの歌詞だけでなくブルーズから黒人音楽の歴史などにも精通していて本当に熱心な人でした。初期の頃はぼくのウエストロードの準レギュラー・メンバーとしてよく一緒にステージをやりました。ハーモニカのフレイズの良さだけでなくその音色が私は好きでした。このアルバムがリリースされてほぼ半世紀近く経とうとしていますが、今聞いても素晴らしい日本のブルーズを代表するアルバムだと思います。
そしてこういうブルーズのアルバムを作る、そしてブルースハーモニカの魅力溢れるアルバム作る若い人はいないのでしょうか。

2024.04.05 ON AIR

ブルーズ・パワー番外編/音楽への無償の愛を聞かせてくれるthe tigerの本格デビュー

ON AIR LIST
1.金町/the tiger
2.オフェリア/the tiger
3.働き者の歌/the tiger
4.僕の街/the tiger

今日の特集はブルーズやブラック・ミュージックではありません。去年から僕が注目し期待していた日本の若いバンドが3/13 に初めてフル・アルバム・デビューしました。今日はみなさんに聴いてもらいので番外編としてON AIRします。
すでにSNSなどでもかなり話題になっているので知っている方もいると思いますが、”the tiger”というバンドです。ジャンル分けするとロックになりますがいろんなルーツ・ミュージックのテイストも入っています。
そもそも僕がこのバンドのことを知ったのは、You Tubeでソウルの映像を見ている時にアレサ・フランクリンが”Respect”を歌ってる映像が出てきまして、その下に同じ”Respect”を歌っている日本人の女性の映像が出てきました。それでクリックするとその彼女が熱唱している歌がとてもソウルフルでしばらく見入ってしまいました。そしてバンドはギターとベースとドラムの3ピースなのですが、それがまた全然音が薄くなくて、余計なこともこれ見よがしなところもなくリズムがタイトですごく好感を持てました。久しぶりにいい若いバンドに出会った感じでした。
それがこのバンド、”the tiger”との出会いでした。
まず今回のデビュー・アルバム”Get Ready”の一曲目”金町”を聴いてください。彼らがいま住んでる東京葛飾区の街金町からタイトルされた曲。彼らがこのアルバムを契機に新たに出発する意思表明したような曲です。

1.金町/the tiger

途中で出てきたサックスは前田サラ。

メンバー紹介をしますとヴォーカルとギターがリン、ギターがタイガ、ベースがユウスケ、ドラムがアツシの四人編成です。この中のリン、タイガとアツシの3人が同じ高校で2014年に学校の軽音楽同好会で結成されたということです。結成して10年経っているんですね。それで以前いたベースが辞めたので新たなベースを探しつつ東京に移転してきていまの歌の金町に住んで共同生活をしているということだそうです。そしてベースのユウスケが2021年に参加して今の四人の体制になっています。
the tigerの音楽には先ほど言ったアレサの曲のようなソウルやブルーズなどのルーツ・ミュージックやストーンズのようなオーセンティックなロックの要素もあるのですが、次の曲はザ・バンドのロビー・ロバートソンの作詞作曲。日本語の訳詞ではなくタイガ君が自分の想いも込めた日本語詞にしています。ロビー・ロバートソンの原曲の歌詞はどこかへ行ってしまったのか死んでしまったのか、とにかくいなくなってしまった彼女に帰ってきて欲しいと願う歌ですが、まあそれと遠くもない日本語詞です。

2.オフェリア/the tiger

先行シングルの第1弾が一曲目に聴いてもらった「金町」だったのですが、次の第2弾としてリリースされたのが「働き者の歌」
この曲でもリンちゃんの見事な熱唱ぶりが聞けますが、彼女の歌を中心にメンバー全員が本当に一つになっていくのがわかります。また自然とひとつになっていく引き寄せる力がリンちゃんの歌にあると思います。作詞作曲はタイガくん

3.働き者の歌/the tiger

今のようなメッセージ的な歌というのはともすると押し付けがましくなるものですが、そうなっていないところがいいです。歌にも演奏にも誠実さが感じられます。
たぶん彼らの人気が少しずつ出てきたのは彼らの音楽的なクオリティの高さもあるし、リンちゃんの歌の熱さもあると思いますが、四人の音楽に対する誠実さと熱意に心打たれるのだと思います。彼らはおじさん、おばさんにも人気があるのですが、それは彼らの音楽に対する健気さにまず心打たれるからです。年を取るとわかったような気持ちになりけなげさを失うことが多いです。だから僕も彼らに音楽にもっと健気に向かい合わなければいけないと教えてもらったような気持ちです。
次は確かリンちゃんが10代の頃に作った歌だそうです。

4.僕の街/the tiger

ここにもぼくにとっては懐かしいようなメロティが出てきます。いいですね。
the tigerのファースト・アルバム”Get Ready”は3/13にJust Luck Recordsからリリースされました。それから「働き者の歌」がアナログ7インチシングルで4/20にリリースされます。B面は憂歌団の「おそうじオバちゃん」。
これから日本のいろんなところに彼らは演奏に行くと思います。もし、the tigerの名前をどこかでを見かけたらライヴを聴きに行ってください。
無償の愛に溢れた音楽が聴けると思います。
頑張れ!タイガー!

2024.03.29 ON AIR

「褐色のカナリア」と呼ばれたニューオリンズのR&Bシンガー、ジョニー・アダムス

Johnny Adams – Release Me: The SSS and PACEMAKER Side 1966-1973(BSMF-7715)

ON AIR LIST
1.Release Me /Johnny Adams
2.Reconsider Me/Johnny Adams
3.I Can’t Be All Bad/Johnny Adams
4.Spunky Onions/Johnny Adams
5.I Won’t Cry/Johnny Adams

福島郡山のココラジさんがネット局に入ってくださって、今回がココラジさん初回放送で4月2日夜九時からON AIRです。
今回は60年代からニューオリンズの名シンガーとして活躍したジョニー・アダムスの初期のベスト盤が1/26に日本のBSMFレコードからリリースされました。こういうR&Bやブルーズのベスト盤も最近リリースされなくなってきているので今日聴いて気に入った方はこの機会に是非ゲットしてください。

ジョニー・アダムスは1932年のルイジアナ、ニューオリンズ生まれで98年に亡くなるまで終生ニュオリンズで過ごしました。「褐色のカナリア」と呼ばれる彼の美しい歌声は強烈なファルセットを混じえた唯一無二のもので一度聞いたら忘れられない歌声です。レパートリーはR&Bはもちろんブルーズからジャズ、ファンクものと何を歌ってもジョニー・アダムス・テイストにしてしまう歌の上手さです。
では彼の1968年のヒットを。
「新しい愛を見つけたんだ。”リリース・ミー”俺を解放してくれ、別れてくれ。もう君のことは愛してないんだ」という歌。

1.Release Me /Johnny Adams

この曲は1968年R&Bチャート34位
強烈なハイトーンに最初びっくりされた方もいると思いますが、これがジョニー・アダムズの個性的な歌唱法です。
この「リリース・ミー」はカントリー・テイストの曲なのでパティ・ペイジやディーン・マーティンなど白人シンガーもたくさん歌っています。黒人シンガーでは私の大好きなエスター・フィリッブスが歌ってR&BチャートのNo.1になったバージョンもあります。

元々ゴスペルを歌っていたジョニー・アダムズは最初ドクター・ジョンのプロデュースで62年くらいからシングルを発表していましたがヒットしなくて69年のいまの「リリース・ミー」が最初のヒットとなりました。
「リリース・ミー」は別れてくれという歌でしたが、今度は「考え直してくれ」Reconsider Meです。なんとなく「柳の下にドジョウが二匹」狙った曲名ですが・・。ロウエル・フルソンの有名な”Reconsider Baby”とうブルーズがありますが、あれも別れ際の彼女に「考え直してくれへんか」と言う内容でしたが、この曲は何か浮気でもしたんでしょうか。オレが悪かったなんて言うてます。翼が折れたツバメのようになってオマエのドアの前に謝りに戻ってきた。どうか考え直してくれへんか・・お前の愛なしでは生きていけへんなん言うてます。まあ都合のええ男の言い訳にも聞こえますが・・。
1969年R&Bチャートとの6位まで上がった曲です。

2.Reconsider Me/Johnny Adams

1986年にはアール・キングたちと来日してこの素晴らしい歌声を僕もライヴで聴くことができました。ジョニー・アダムスは物静かな人で、ステージでもダンスやアクションなどほとんどなく淡々と歌を歌っていた印象が残っています。派手なタイプではなく実直に自分の歌を歌うタイプでした。オフ・ステージでは少し話しづらい感じがありましたが、誇りあるシンガーとしての矜持を感じました。
ジョニー・アダムスはいまの二曲のようなミディアム・スローの曲でヒットが出たのですが、なぜかアップテンポのダンス・ナンバーのヒットが出ずに次にヒットしたのもミディアム・テンポのゴスペル・テイストの強いこういう曲でした。

3.I Can’t Be All Bad/Johnny Adams

多分本人もレコード会社もダンスナンバーのヒットを出そうとはしてたんでしょうが、ヒットするのはミディアム&スローの曲でした。ダンスナンバーのヒットがあればこのジョニー・アダムズの評価ももっと違ったものになっただろうし、知名度も上がったのでは・・と思うのですが・・。
ひとつ1965年のリリースのアップのダンスナンバーを聞いてみましょうか

4.Spunky Onions/Johnny Adams

タイプ的にはウィルソン・ピケット、ジェイムズ・ブラウンなんですがよくあると言えば、よくあるダンス・ナンバーでジョニー・アダムズの歌はいいのですが曲にこれと言った特徴がないんですね。
それでもう一曲ヒットしたのもミディアム・スローのバラードでした。
「ダーリン、オレはずっと前から君がオレをもう愛してなくて他の男を愛してることがわかっていた。でも、オレは変わらずずっと愛してるんだ。オレは泣きたくないんだ。涙を流したくなんだ」

5.I Won’t Cry/Johnny Adams

70 80 90年代とアルバムのリリースはありましたが、ヒットには繋がりませんでした。でも実力と個性のあるソウル・シンガーとしてずっと高く評価されたシンガーで亡くなった98年も「Man Of My Word」というアルバムを1ヶ月前にリリースしたばかりでした。66才でした。
今日は1/26に日本のBSMFレコードからリリースされたジョニー・アダムズの初期のシングルのコンピレーション・アルバム”Release Me”を聞きました。
今回から福島郡山のココラジさんがネット局に入ってくださって嬉しいです。大昔にワンステップ・フェスティバルというコンサートで一度だけ郡山に行きましたが、もしブルーズを歌えるいいライヴハウスがあれば番組宛にメールください。

2024.03.22 ON AIR

特集「ダウンホーム・ブルーズとは・・・」vol.4

見事なダウンホーム・ブルーズのコンピレーション・アルバム,CD4枚組全108曲

“DOWN HOME BLUES-CHICAGO 3”

ON AIR LIST
1.Every Day and Every Night/Magic Sam
2.You Don’t Love Me/Willie Cobbs
3.Sweet Sixteen/Chuck Berry
4.I Can Tell/Bo Diddley
5.Sweet Home Chicago/Magic Sam

ダウンホーム・ブルーズ特集の4回目でコンピレーション“DOWN HOME BLUES-CHICAGO 3” のアルバムの4枚目を聞きます。この4枚ボックスセットの一番の売りはマジック・サムの未発表曲が収録されているということで、マジック・サム・ファンの私も正直それにつられて買いました。録音はマジック・サムのアパートでハーモニカのシェイキー・ジェイクと二人で演奏しているものですが、これがまた私のようなサム・ファンにはリアルなサムの歌とギターを聞くことができるたまらないテイクになってます。
まずそのマジック・サムから、”Every Day and Every Night”
この曲は1967年にデルマーク・レコードからリリースされたサムの名盤”West Side Soul”に収録されています。聞いてもらうのは66年録音ですから1年前に自分のアパートでこの曲を作って練習してたのではないでしょうか。

1.Every Day and Every Night/Magic Sam

バンドがなくても素晴らしいグルーヴ感のある演奏で本当にリアルなマジック・サムが聞けた思いです。

次は今のマジック・サムが69年にリリースしたアルバム”Black Magic”でカバーしている”You Don’t Love Me”のオリジナル、ウィリー・コブスの原曲です。
「オレのこと好きやないんやろ、知ってるよ。オレのこと愛してないんやろ」
ブルーズマンだけではなく、オールマン・ブラザーズ始めロック・バンドにも広くカバーされたブルーズ・スタンダード曲です。

2.You Don’t Love Me/Willie Cobbs

You Don’t Love Me・・いや~いなたい。ダウンホームの極みです。

もう一つの目玉はこの4枚目にはチャック・ベリーのR&Rではなくチャックのブルーズが6曲収録されています。元々チャック・ベリーはR&Rを作るつもりなんかなくてT.ボーン・ウォーカーとルイ・ジョーダンが好きでブルーズをやりたかったわけです。それがやっているうちに偶然ビートが変わっていき作った曲がR&Rになったということです。聞いてもらうのはR&Rのブームが去った1960年の録音
ピアノがジョニー・ジョンソン、ベースにウィリー・ディクソン、ドラムにイビー・ハーディ、そしてギターにマット・マーフィ。チャックの歌の後ろでオブリガードを弾いているのがマット・マーフィです。曲はB.B.キングで有名なSweet Sixteen

3.Sweet Sixteen/Chuck Berry

チャック・ベリーには有名な”Wee Wee Hours”というスロー・ブルーズの曲があるのですが、それもいまのような曲調で素晴らしいです。
このダウンホーム・ブルーズのボックス・セットにはいろんなブルーズマンが入っているのですが、チャック・ベリーを聞くとやはり気になるのが同じR&R系列のボ・ディドリー。4曲収録されてますがその中でも私の好みにぴったりな曲がダウンホームな8ビートのこの曲。

4.I Can Tell/Bo Diddley

リズムのグルーヴとパワフルで太い声のボ・ディドリーの歌がかっこいい曲です。でもなんかダウンホームなムードがありますね。
では最後にもう一曲マジック・サムを。
この有名曲はロバート・ジョンソンがオリジナルですが多くの人が聞き覚えたのはマジック・サムのアルバム”West Side Soul”に収録されているバージョンだと思います。

5.Sweet Home Chicago/Magic Sam

マジック・サム・ファンとしてはサムのリアルな歌声とギターが聞けてたまりません。
今回まで4回に分けてこの“DOWN HOME BLUES-CHICAGO 3” というボックスセットでダウンホーム・ブルーズを聞いてもらいましたが、いかがでしたか。
CD4枚組全108曲ですからシカゴ・ブルーズのダウンホームな感覚を知るには選曲もいいアルバムです。
こういう南部の感覚が好きになるとさらにブルーズのフィールドが広がります。

2024.03.15 ON AIR

特集「ダウンホーム・ブルーズとは・・・」vol.3

見事なダウンホーム・ブルーズのコンピレーション・アルバム,CD4枚組全108曲

“DOWN HOME BLUES-CHICAGO 3”

ON AIR LIST
1.Pinetop’s Boogie Blues/Little Brother Montgomery
2.My Kind Of Baby/Little Walter
3.Sad Sad Day/Muddy Waters
4.Ride `Em On Down/Eddie Taylor
5.I Have Married/JB. Lenoir

今回はダウンホーム・ブルーズを聴くというシリーズの3回目です。特にシカゴのダウンホーム・ブルーズを集めたコンピアルバムの”DOWN HOME BLUES-CHICAGO 3” という4枚組CDボックスが出たばかりなのでそれを使ってダウンホーム・ブルーズを聞いてもらっています。
50年代に入りブルーズのエレクトリック化が進んで行くのですが、エレキになってもどこかにダウンホーム、つまり故郷の南部の匂いを求めたアフリカン・アメリカンたちでした。
今回は私がすごく好きなピアノ・ブルーズマン、リトル・ブラザー・モンゴメリーから聞いてもらいます。
キツキツのブルーズではなく、ファンキーななんとなく楽しくなるリトル・ブラザーのブギのインストルメンタル曲

1.Pinetop’s Boogie Blues/Little Brother Montgomery

シカゴ・ブルーズだけでなくブルーズの歴史に名を残した名ハーモニカ・プレイヤー、リトル・ウォルター。”My Babe”や”Juke”始め数多くヒット出し、現在はブルーズのスタンダードとなっている曲も多くブルーズの森に入ると必ず出会うブルーズマン。
聞いてもらうのは1953年録音、ギターにジミー・ロジャースとデイヴ・マイヤーズ、ベースにウィリー・ディクソンそしてドラムにフレッド・ビロウという50年代シカゴ・ブルーズの精鋭による素晴らしい録音です。
「オレのタイプのベイビー、いつだって愛したくなるんだ」と歌うウォルターの溌剌とした歌とパワフルにグルーヴするハーモニカ。
本当にいい曲です。そしてビートをグイグイと推進するバンドが一体となった黄金期のシカゴ・ブルーズ。

2.My Kind Of Baby/Little Walter

リトル・ウォルターのハーモニカ・プレイは本当に素晴らしい。
やっぱりシカゴ・ダウン・ホーム・ブルーズといえばこの人にも出てもらわないと・・マディ・ウォーターズです。
マディのスライド・ギターにウォルター・ホートンのハーモニカとジミー・ロジャースのギター、ベースはなくてドラムだけという編成がより一層ダウンホーム感を出しています。全部のサウンドの混ざり具合が素晴らしくまさにシカゴ・ダウンホーム・ブルーズ。そしてマディの唯一無比の歌。「彼女がいなくなって悲しい日々が続く」

3.Sad Sad Day/Muddy Waters

シカゴ・ブルーズのトップに上り詰めた1953年のマディ。こういうスロー・ブルーズにおけるマディ・ウォーターズの歌声の存在感が抜群です。

シカゴ・ダウン・ホーム・ブルーズと言えばこの人も忘れてはいけない。エディ・テイラー。ヒット曲をたくさん出したジミー・リードのバッキング・ギタリストというよりジミー・リードの相方みたいなもんですが、聞いてもらう曲は逆にエディ・テイラーが主役の歌とギター、そしてバックでハイノート・ハーモニカの演奏をするジミー・リードとなってます。これもエディのギター、ジミー・リードのハーモニカにドラムだけというプリミティヴな構成でダウンホーム・テイストたっぷりの仕上がりになってます。ダウンホーム・ブルーズの典型のような曲です。

4.Ride ‘Em On Down/Eddie Taylor

ダウンホームはミシシッピ、アラバマ、アーカンソー、テキサスなど南部を意味していて、そこで生まれる濃厚なテイストですがリラックスして、くつろいでいられるムード、そういうムードを表しているブルーズがダウンホーム・ブルーズ。今のはまさにそれです。

次のJ.B.レノアは人種差別反対のブルーズや反戦のブルーズも歌った気骨あるブルーズマンで、ひどい差別を受けた南部に戻りたくないという歌も歌っていますが、その根底には南部を愛する気持ちがたくさんあったからではないかとぼくは思います。彼のブルーズにはそういう南部のテイストが溢れています。
イントロのガッガ、ガッガ、ガッガというシャッフルのリズムだけでダウンホーム感があります。ちなみにJ.Bレノア、声は高いですが女性ではありません。

5.I Have Married/JB. Lenoir

今日はダウンホーム・ブルーズのコンピレーション・アルバム,CD4枚組全108曲“DOWN HOME BLUES-CHICAGO 3” の三枚目からでした。