2024.05.17 ON AIR

60年代ニューヨークのディープ・ソウル・シンガー、フレディ・スコット

The Very Best Of Freddie Scott(BSMF-7714)

ON AIR LIST
1.Hey Girl/Freddie Scott
2.Are You Lonely For Me/Freddie Scott
3.(You) Got What I Need /Freddie Scott
4.Cry To Me/Freddie Scott

アメリカの東北でニューヨークの北、ボストンに近いロードアイランド州のプロヴィデンスという街でフレディ・スコットは1933年に生まれています。子供の頃はおばあちゃんのゴスペル・グループに入って歌っていました。ロード・アイランド大学に入って薬学の勉強をしていたのですが、卒業後にシンガーとして56年にデビュー。でも、鳴かず飛ばずでしたがソングライターとしても活動をしていたようです。それがデビューから6年後1962年にジェリー・ゴフィン、キャロル・キング作「Hey Girl」という曲がヒット。ポップチャート、R&Bチャート共に10位まで上がりました。この時フレディ・スコット29歳です。まずその”Hey Girl”を聞いてみましょう。別れ間際の彼女に君に行ってしまわれたら俺はどうして生きていけいいいんだと言っている歌ですが、ともすると単調になりがちな曲調ですがフレディ・スコットの歌の後半に向かっていくソウルフルな歌唱力が素晴らしいです。

1.Hey Girl/Freddie Scott

今日のON AIRのタイトルが「60年代ニューヨークのディープ・ソウル・シンガー、フレディ・スコット」なんですが、ディープ・ソウルという言い方は南部のソウルを指すこととが多いのですが、60年代に今日のフレディ・スコットやガーネット・ミムズ、ハワード・テイト、リンダ・ジョーンズなどニューヨークあたりで活躍していたゴスペルに根ざしたシンガーのことをニューヨークのディープ・ソウル・シンガーと呼びます。
フレディ・スコットは今のHey Girlのヒットが出てから次のヒットがなかなか出ませんでした。いわゆる一発屋で終わるのかと思われましたが、4年後66年にAre You Lonely For Meが大ヒット、R&Bチャートの1位になります。「寂しくないかオレに会えなくて。オレはおまえに会えなくて寂しいよ。最後の金を使って故郷のジャクソンヴィルへ帰るよ。待っててくれよ。お前のいる故郷へ帰るよ」この曲でも彼の歌唱力の素晴らしさがよくわかります。

2.Are You Lonely For Me/Freddie Scott

この曲はR&Bチャートで一位、ポップ・チャートでも39位まで上がりましたが、広く白人層まで名前が知れ渡ったシンガーにはなりませんでしたが、ブラック・ミューシックのエンターテイメントの世界では歌の上手い歌手として認識されました。

フレディ・スコットはソングライターでもあり、アレサ・フランクリンのお姉さんであるアーマ・フランクリンのプロデューサーをやったり、デモ・テープ・シンガーもやってました。最初に聞いてもらった”Hey Girl”もチャック・ジャクソンのために書かれた曲をデモ・テープでフレディが歌ったところ「フレディの歌、ええやん」ということになりフレディが正式に録音されました。
次は少しアップテンポの曲で硬派なディープ・ソウルを聞かせてくれます。

3.(You) Got What I Need /Freddie Scott

では、最後に僕の大好きな曲で1962年に同じディープ・ソウル・シンガー、ソロモン・バークによってヒットとなった”Cry To Me” 「君の恋人が君を一人にして誰からも電話もない時泣きたい気持ちにならないか。ぼくはここにいるよ、おいでぼくの胸で泣きなよ。一人っきりでグラスのワインを飲むことほど悲しいことはない。一人きりで歩くことはない。ぼくの手を掴んでぼくと一緒に歩かないか・・泣きたい時はぼくの前で泣いていいんだよ。」

4.Cry To Me/Freddie Scott

最後のヒットが1970年にリリースされたボブ・ディランの名曲”I Shall Be Released”のカバーでした。そこからあまり名前を聞かなくなってしまったのですが彼は地道に活動していました。
2000年に入ってからもライヴ活動を続けてオールディーズのミュージシャンが集うコンサートなどにも出演したりアルバムもリリースしていましたが、ヒットには至りませんでした。
そして、フレディ・スコットは2007年にニューヨークで74歳でその生涯を閉じました。
今日聞いてもらったフレディ・スコットのアルバム”The Very Best Of Freddie Scott”は1/26に日本のBSMFレコードからリリースされています。日本ではあまり知名度はありませんでしたが、ゴスペル・ベースの実力のあるシンガーでどんな歌にもソウルを吹き込んだ歌手、フレディ・スコットでした。

2024.05.10 ON AIR

The Birth Of Boogie Boogie/ブギ・ウギの誕生(P-Vine PCD-25379)

ON AIR LIST
1.Pine Top’s Boogie Woogie(Take1)/Pine Top Smith
2.Yancey Limited/Jimmy Yancey
3.The Dirty Dozen/Speckled Red
4.I Don’t Know /Cripple Clarence Lofton
5.Boogie Woogie Prayer/The Boogie Woogie Trio

ある日、P-Vine レコードから今日ON AIRする「ブギ・ウギの誕生」のアルバムが送られて来た。それでP-Vine レコードのディレクターのAさんにお礼のメールをしたところ、去年NHKの朝ドラの「ブギ・ウギ」が評判になっている頃にAさんに「ブギ・ウギ・ピアノ」のコンピレーション・アルバムを出したらどうですか?と提案したのはこの私だったことがわかった。そう言えば飲んでる席でAさんにそんなことを言ったのをすっかり忘れていた。ブギウギが話題になっていたので日本盤で解説や歌詞が付いたアルバムをリリースしたらブギ・ウギをより知ってもらえると思ったからだ。そしてこのアルバムの選曲と解説をしているのが今年1月28日に亡くなったミュージシャンであり音楽ライターでもあった小出斉君だ。このアルバムが彼のライターとしての最後の仕事となった。
では、小出君の解説に沿ってこのアルバムを今日は聞きます。去年から今年にかけてこの番組でもブギ・ウギ・ピアノの特集を数回に分けてやって来たので今日は以前と曲が被らないように選曲したいのですが、ブギウギが広く知られるきっかけとなったこの曲はもう1度聞いてください。

1.Pine Top’s Boogie Woogie(Take1)/Pine Top Smith

1928年に録音されたパイントップ・スミスのこの曲がブギウギと名前がつけられた最初の曲で、これがヒットしたことで最初のブギウギ・ブームが始まりました。小出君の解説にも書かれていますが、歌詞に「ぼくの言う通りに踊って欲しいんだ。ストップと言ったら止まって踊るときにはブギウギと声をかけるから」と言う歌詞でもわかるようにブギウギは新しいダンス・ミュージックだったんです。
ブギウギの流行によってピアニストたちの演奏の技にも磨きがかかり、いろんなタイプのブギウギの曲が生まれていくのですが、次はピアノ演奏のスピード感が素晴らしく崩れないリズムのグルーヴ、特に左手で見事にキープされたリズムには息を呑みます。
1939年録音のジミー・ヤンシーのピアノ・インスト曲

2.Yancey Limited/Jimmy Yancey

次のスペックルド・レッドは「バレルハウス・ピアニスト」と呼ばれ、20年代から30年代にいろんな街を放浪しながらバレルハウスと呼ばれる酒場で夜な夜なピアノを弾いて生活した人です。大きな街であれば酒場にピアノがあり放浪のブルース・ピアニストとして金を稼ぐことができたという当時の酒場でのピアノの普及率に驚きます。改めて言いますがエレキ・ギターが普及する前、ブルーズはピアノの時代だったのです。日本だといまだにライヴハウスにピアノがないところが多いです。
曲名のダーティ・ダズンというのは子供が相手の子供のお母さんを茶化して言う遊びで、ぼくが子供の頃に「オマエの母さんデベソ」とか言い合ってたのと同じです。

3.The Dirty Dozen/Speckled Red

今のは1929年の録音でしたが、次のクリップル・クラレンス・ロフトンの曲はその約10年後の1939年頃の録音です。
ブギ・ウギ・ピアノのブームは意外と長く続きブルーズのスタンダードな音楽形式の一つとなり、そこからジャンプ・ブルーズやギターによるブギ、そしてロックンロールへと繋がっていきました。
ではクリップル・クラレンス・ロフトンのヒット曲。

4.I Don’t Know /Cripple Clarence Lofton

ちなみにクリップル・クラレンス・ロフトンのクリップルというのは手足が不自由なことでクラレンス・ロフトンも生まれながらにして片足が不自由だったそうです。

ブギ・ウギ・ピアノの魅力を広く白人たちにも知らしめたのが1938年にNYのカーネギーホールで催された「フロム・スピリチュアルズ・トゥ・スイング」というコンサートで、この番組でも以前そのライヴアルバムをONAIRしました。そこに登場した名ピアニストの3人が、ピート・ジョンソン、アルバート・アモンズ、ミード・ルクス・ルイス。その3人がピアノ3台で繰り広げたブギウギの素晴らしさがブギウギをよりボビュラーなものにしました。では「ブギウギ・トリオ」と名付けられた3人による演奏です。

5.Boogie Woogie Prayer/The Boogie Woogie Trio

今日聞いた「ブギ・ウギの誕生」は4/10にP-Vineレコードからリリースされています。選曲も解説も充実しているので是非ゲットしてください。
解説の最後に2023年12月29日という日付があり小出君は亡くなるちょうど1ヶ月前にこの原稿を書き上げている。かってブルーヘヴンというバンドで共に活動した小出君の最後の仕事にこのアルバムのリリースを提案した私が少し関われてよかったと思う。小出君のご冥福を祈ります。永井ホトケ隆でした。

2024.05.03 ON AIR

内容が良くて値段がお得なブルーズ廉価盤の紹介

Lighting’ Hopkins/Four Classic Albums Third Set
(Avid Entertainment EMSC1363)

ON AIR LIST
1.Children’s Boogie/Lightnin’ Hopkins
2.Automobile Blues/Lightnin’ Hopkins
3.Rolling And Rolling/Lightnin’ Hopkins
4.Heavy Snow/Lightnin’ Hopkins
5.Rocky Mountain/Lightnin’ Hopkins

今日は小遣いの少ない若者にも安く買える、しかも質の高いブルーズのコンピレーション・アルバムの紹介です。
たまたまレコード店で見かけゲットしたライトニン・ホプキンスの二枚組廉価盤「ライトニン・ホプキンス/フォー・クラシック・アルバムズ サード・セット」を紹介します。これはライトニンのアルバムが4枚収録されていて全42曲で1400円という廉価CDです。この中の二枚を僕はすでに持っているのですが他の二枚はないので値段も安いので即買いしました。
収録されているアルバムは”The Rooster Crowed In England”と”Lighting’ Strikes”そしてLightnin’ (The Blues Of Lightnin’ Hopkins)さらに”Last Night Blues”の4枚のアルバム、テキサス・ブルーズの偉人のアルバムが廉価で4枚これは聞き応えあります。

”The Rooster Crowed In England”というアルバムは1959年にライトニンの故郷テキサス、ヒューストンで録音されイギリスの”77records”というレーベルからリリースされたもので59年と54年の録音が収録されています。このアルバムを僕は知らなかったけどイギリス人がコンピレーションしたものはセンスが良かったり、面白いものが多いので興味がありました。まずはその”The Rooster Crowed In England”のアルバムから1曲
ライトニンによくあるタイプの曲で語りをしながらのギター・インストルメンタル曲です。ギターのリズムめっちゃいいです。
ジョン・リー・フッカーにBoogie Chillunという有名な曲がありますが、これはChildren’s Boogie

1.Children’s Boogie/Lightnin’ Hopkins

喋ってる声だけでカッコイイ!もうギターも素晴らしすぎてバンドなくてもライトニンのギターだけで踊れます。これいつも僕は爆音で聴いてるんですが、ジミヘンみたいです。
ちなみに調べましたら今の曲が入っているアルバム”The Rooster Crowed In England”のオリジナルレコード盤は¥15,000くらいでオークションにでてますが、このCDは4枚入って¥1400ですから・・安いです。

今日聞いているLighting’ Hopkins/Four Classic Albums Third Setという二枚組CDの中の次はLightning’というアルバムからAutomobile Bluesという曲を。
Automobileオタモビールですから自動車ブルーズです。
ライトニン独特の哀愁のあるブルーズです。歌詞は「オマエが新しい車に乗ってるのを見たよ。ハンサムなドライバーの横でオマエは嬉しそうにしてた。化粧もバッチリしてオマエは新しいドライバーを見つけたんだな。オレはまだ愛してるよ」

2.Automobile Blues/Lightnin’ Hopkins

ブルーズによくある車を題材にしたもので運転するドライバーが男という設定です。ロウエル・フルソンにも”Too Many Drivers”という「お前には運転手が多すぎる」つまり「遊んでいる男が沢山いる」というブルーズがあります。まあ、車はアメリカの必需品ですからこういうブルーズもたくさん生まれるのでしょう。
ちなみに「ライトニンに駄作なし」と言う言葉がありますが、その言葉通りで「このアルバムはあかんなぁ」というのはありません。どのアルバムもそれなりにどこか聴きどころがあります。ライトニンのアルバムはどれも音楽的にやっていることは同じでギターがエレキかアコギかあるいは弾き語りかデュオか何人かバンドでやってるかくらいの違いです。でも、ライトニン本人はどんなシチュエーションでもほとんど、いや全く変わらないブルーズマンです。なのにアルバムを見つけると買ってしまうという・・ライトニンには常習性があります。
次はこの4枚のアルバムの中ではいちばん有名な、名盤と呼ばれているVee Jay レコードの”Lighting’ Strikes”
1961と62年にテキサス、ヒューストンで録音され、2曲がドラムとベース入り他はライトニンひとりの弾き語りでアルバムです。
シャッフル・ビートのグルーヴがたまらないダンス・ナンバーです。

3.Rolling And Rolling/Lightnin’ Hopkins

こういう曲はもうライトニンの独壇場。誰もこのひとりでやっている格好良さはできないです。
次のスローブルーズ曲も”Lighting’ Strikes”に入ってる曲ですが、イントロのギターからしてもうすごいです。
ニューヨークでクリスマスの時にすごい雪が降った話みたいですが歌詞がよくわかりません。でもなんかすごいことになってます。
最初のアグレッシヴなギターが嵐のような雪模様を表現してるのでしょうか。

4.Heavy Snow/Lightnin’ Hopkins

なんかライトニンを聞いていると小さいことはどうでもよくなってきて元気出るんですよ。
似た曲がいっぱいあってもいいんです。なんでもそうですけど色々やらないとダメなんじゃないかと悩んだりする時にライトニン聴くと得意なのが二種類あればいいのかなんて思ってしまう。
もう一枚は”Last Night Blues”これは1962年にハーモニカのサニー・テリーを迎えてドラムのベルトン・エヴァンスとベースのレナード・ガスキンのバンドスタイルで録音したもの。ライトニンはアコースティック・ギターを弾いてます。ではそのアルバムから

5.Rocky Mountain/Lightnin’ Hopkins

途中で「ホォー」って雄叫びをあげてたのはハーモニカのサニー・テリーです。

ON AIRしたアルバムのジャケット写真とか曲名は番組のHPに掲載しているのでぜひ参考にしてください。
覚えておいてください、「ライトニンに駄作なし」!