2021.12.24 ON AIR

B.B.キングのクリスマス・アルバム”A Christmas Celebration Of Hope”

A Christmas Celebration Of Hope(M・C・A 112756-2)

ON AIR LIST
1.Please Come Home For Christmas/B.B.King
2.Back Door Santa/B.B.King
3.Merry Christmas Baby/B.B.King
4.Christmas In Heaven/B.B.King

欧米のミュージシャンはクリスマス・ソングをレコーディングするのが夢のようでこの季節になるといろんなクリスマス・アルバムがリリースされます。今年はノラ・ジョーンズが”I Dream Of Christmas”をリリースしましたが良かったです。
ブルーズマン達のコンピレーション・クリスマス・アルバムというのもあり、毎年この番組でON AIRしてますが、中にはどこがクリスマスやねん、普段と変わらんブルーズやんという曲も多々あります。でも、それは貧しい黒人たちにとってはクリスマスを祝うこともできなかった気持ちというのが、「何がクリスマスや」という気持ちもあると思います。

今回はB.B.キングのクリスマス・アルバム”A Christmas Celebration Of Hope”を聴きながらブルーズのクリスマス・ソングの話をしましょう。

最初はウエストコーストのブルーズ・ピアニスト、チャールズ・ブラウンが1960年に作り歌ったヒット曲で”Please Come Home For Christmas”
この曲はたくさんのミュージシャンにカバーされていますが、1978年にロックバンド「イーグルス」がリリースした邦題「ふたりだけのクリスマス」のカバーでしっいる方も多いと思います。
歌の内容はその邦題とは違うもので「鐘の鳴る音が聞こえると悲しくなってしまう。彼女が行ってしまってひとりきりのクリスマスになり、友達もいないし憂鬱なクリスマスになってしまった」という悲惨な曲です。
1.Please Come Home For Christmas/B.B.King

1968年にアトランティック・レコードが「ソウル・クリスマス」というコンピレーション・アルバムをリリースし、それに収録された曲で盲目のR&Bシンガー、クラレンス・カーターが歌った曲です。
曲名がBack Door Santaと言うのですがブルーズにはBack Door Manとうのが時々出てくるのですが、これは「間男」つまり彼氏とか旦那さんがいない時に家に裏口から入って彼女や奥さんとナニしてしまうという男のことで、不謹慎なでもちょっと面白い言葉でそこからBack Door Santaとなっています
「俺はクリスマスの間男って呼ばれてるんやけど彼がおらん隙に彼女を楽しませてやってんねん。本当のサンタは年に一回やけどオレは呼んでくれたらいつでも行くで。子供がいたら邪魔やからどこかへ行かすために小銭もいっぱい持ってねん」
こんな歌クリスマスに歌いますか?でも、これもたくさんカバーされていてボン・ジョヴィもやってます。
2.Back Door Santa/B.B.King

次は私もカバーしている「メリークリスマス・ベイビー」です。これも一曲目にON AIRしたPlease Come Home For Christmasのチャールズ・ブラウンの曲。
「メリークリスマス!おまえがとても良くしてくれる。ダイヤの指輪なんかプレゼントしてくれるからオレは天国にいるようや。ラジオからええ音楽が流れてきてええ気分や。おまえがヤドリギの下に立っているいる間にキスしたいよ。夜中の三時にサンタさんがおまえに素晴らしいプレゼントを持ってくる。俺は酔っ払ってないよ。クリスマスツリーみたいにしっかり立ってる」
3.Merry Christmas Baby/B.B.King

B.B.キングが亡くなって天国に行ってしまってから6年が経ったのですが、天国のB.B.はこの世界的なコロナの状況をどう見ているでしょうね。ブルース・シーンはやはりB.B.がいなくなってひとつの大きな時代が終わった感じがしていますが、でもB.B.は「ブルーズがなくなることはない。人類がいる限りブルーズはいつでも誰にでもある」と言ってました。確かに今のコロナウィルスの拡大は全世界の人たちをブルーにしてしまってます。みんながブルーズを持つ羽目になってしまいました。でもきっとB.B.は「コロナに負けないでがんばれ」と言うでしょう。
大好きなB.B.の大好きなクリスマスソングです。
4.Christmas In Heaven/B.B.King

B.B.にとってもクリスマス・アルバムを作ることは長年の念願だったそうです。

僕も一度だけアメリカでクリスマスを過ごしたことがありますが、欧米の人たちにとってはクリスマスは本当に特別な日であり、クリスマス・シーズンと呼ばれるクリスマスそして年末から新年にかけては故郷に戻ったり、恋人や家族とゆっくり過ごす日々です。元々イエス・キリストの降誕をお祝いする日でキリスト教の宗教的意味愛の強い日ですが、日本ではただのイベントみたいになっていますが、まあ家族で静かに集まって幸せを感じるのもいと思いますす。
高いクリスマス・プレゼントや豪華なクリスマスの料理とかいらないです。ささやかなものでいいと思います。楽しく過ごしてください。
メリー・クリスマス!